チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

KEITA(橘慶太)のライブ・コンサートチケット一覧

KEITA(橘慶太)は、ライジングプロダクション所属の歌手・ダンサーです。ダンスボーカルユニットw-inds.のメインボーカルとしても知られ、セルフプロデュースも手がけています。2001年にw-inds.のメンバーとしてメジャーデビューを果たし、ヒット曲を連発。2006年10月には、橘慶太名義でリリースしたシングル「道標」でソロデビューを果たしました。その後、2013年2月にKEITA名義で1stシングル「Slide’n’Step」を発売してソロ再デビュー。2015年12月に発売したミニアルバム「FRAGMENTS」では全曲の作詞・作曲・編曲を手がけ、クリエイターとしての才能を世に知らしめました。それ以降、ソロ活動は見られませんでしたが、2019年1月リリースのデジタルシングル「Don’t Leave Me Alone」で活動再開。この作品を皮切りに、12ヶ月連続で配信シングルをリリースしました。2020年3月25日には、配信リリースした12曲と新曲2曲を収録した3rdアルバム「inK(インク)」の発売が決定。アルバム発売を記念したライブツアー「KEITA LIVE TOUR 2020 “inK”」も行われる予定で、2020年4月4日にZepp Namba、5日にZepp Fukuoka、17日にZepp Tokyo、19日にZepp Nagoyaでの公演が決定しています。

KEITA(橘慶太)の日程

すべての日程

KEITA LIVE TOUR 2020 inK

KEITA(橘慶太)のチケットを都道府県で探す

ダンスボーカルユニットw-inds.のメインボーカルとして知られる、歌手・ダンサーのKEITA(橘慶太)。2013年2月に発売した1stシングル「Slide’n’Step」で、KEITA名義でのソロ活動をスタートさせました。2019年には配信シングルを12ヶ月連続でリリースするなど、グループとしての活動だけでなくソロ活動も積極的に行なっています。圧倒的な歌唱力やダンスの上手さといったアーティストとしての実力だけでなく、近年その才能を開花させているクリエイター能力の高さも、KEITAの大きな魅力。2015年12月に発売したミニアルバム「FRAGMENTS」において、全曲の作詞・作曲・編曲を手がけ、一躍クリエイターとして注目されることとなりました。以降の作品では、トラックダウンやマスタリングに至るまで楽曲制作の全てを自身で手がけており、サウンドクリエイターとして新たなファン層も獲得しています。海外の最先端サウンドを積極的に取り入れる姿勢も見られ、今後の日本の音楽界を牽引する存在として、目が離せないアーティストです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート