Ken Yokoyamaのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数171,768枚、本日の新着チケット数5,105

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

Ken Yokoyama(横山健)のライブ・コンサートチケット一覧

Ken Yokoyama(横山健)は1969年10月1日生まれ、東京都出身の日本人ギタリスト・シンガーソングライターです。 1991年にスリーピースバンドHi-STANDARDを結成し1994年にミニアルバム『LAST OF SUNNY DAY』でメジャーデビュー、以降2000年代初頭にかけて日本のパンクロック及びメロコアシーンの第一線で活躍し続け熱狂的な人気を誇りました。 1999年には自主レーベル会社「PIZZA OF DEATH RECORDS」を立ち上げ自ら代表取締役に就任、同年リリースされた「dear my friend」「stay gold」など代表曲収録のフルアルバム『MAKING THE ROAD』は国内外合計で100万枚以上を売り上げるスマッシュヒット作品となります。 2000年に千葉マリンスタジアムで開催した自主企画のロックフェス「AIR JAM 2000」への出演を境にHi-STANDARDは一旦活動を休止、横山はパンクバンドBBQ CHICKENSの一員として活動を開始しました。 バンド活動と並行して2004年には「Ken Yokoyama」の名義でソロアーティストとしての活動も開始、コンスタントにアルバム作品を発表し2008年には自身初となる日本武道館公演で13000人満員御礼の大成功を収めています。 2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに活動休止中であったHi-STANDARDのメンバーが再集結、11年の時を経てロックフェス「AIR JAM 2011」で復活を果たし3万枚のチケットに対し申し込み数22万件という超人気ライブとなりました。以降、ソロ活動として被災地で度々フリーライブ「We're Fuckin' One Tour」を慣行し復興に尽力しています。 2013年に自身の人生を描いたドキュメンタリー映画『横山健-疾風勁草編-』を全国60箇所の映画館で上映、当初は1週間限定公開の予定でしたが好評を博し追加で1週間公開期間を延長し3万人の動員数を記録しました。翌2014年には本作のDVDが発売されオリコンDVD映画ウィークリーチャートで初登場1位に輝いています。 2016年、音楽シーンでの功績を称えるSPACE SHOWER MUSIC AWARDSにて自身のキャリア初のタイトルとなる「BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST賞」を受賞しました。 デビュー後から現在に至るまで、Ken Yokoyama(横山健)は名実ともにカリスマとして日本パンクシーンを牽引し続けてるアーティストです。

Ken Yokoyama(横山健)の日程

すべての日程

Very Very Strawberry Tour
Ken Yokoyama VS NAMBA69 Tour
越中・小矢部の乱 2018 Ken Yokoyama vs ザ・クロマニヨンズ vs The Birthday
2日通し券 SATANIC CARNIVAL'18
越後・西川の乱 2018 ザ・クロマニヨンズ vs The Birthday vs Ken Yokoyama
信州・松本の乱 2018 The Birthday vs Ken Yokoyama vs ザ・クロマニヨンズ
EXTRACT -9/30
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全143件 1-100件目

Ken Yokoyama(横山健)のチケットを都道府県で探す

Ken Yokoyama(横山健)は日本を代表するパンクロックバンド「Hi-STANDARD」のギタリストであり、インディーズレーベルのオーナーであり、「Ken Yokoyama(横山健)」の名義でKen Bandとしてソロ活動を行っています。 「パンク」と聞くと少し怖いイメージを持たれる方もいると思いますが、Ken Yokoyama(横山健)のライブはたくさんの感情をもっており、パンクバンドとして訴えかける一面もあれば、皆が笑顔になれるようなマイクパフォーマンス、誰もが知ってる曲をカバーしており観客と一緒に歌えたりするような、様々な場面をライブで体験できます。 そして、インディーズアーティストでは異例の生放送の音楽番組に出演とインディーズのみならず、ロックバンドの第一線をけん引してるアーティストと言っても過言ではないでしょう。 楽曲もアップテンポのものが多く、聴いていると元気や希望をもらえたり、中には哀愁漂うメロディで涙を誘ったりとたくさんの才能を持ったパンクロッカーと言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口