KERENのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

KERENのチケット一覧

「KEREN」の舞台は大阪で、現在・過去・未来が入り乱れて奇想天外な世界が展開されます。このショーの脚本・演出を手がけるのは、様々なプログラムを成功させてきた高平哲郎です。その他、「コーラスライン」のミュージカルを手がけたバーヨーク・リーも振付に加わっています。加えて、タップの振付は世界的なタップダンサーのHIDBOHが担当します。その他、殺陣には島口哲郎があたり、ステージングと日舞を室町あかねが指導します。音楽は仙波清彦と久米大作が担当し、宣伝美術には横尾忠則を迎えています。2019年2月25日にロングラン公演がスタートします。会場はCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールです。「KEREN」の主催者はよしもとクリエイティブ・エージェンシーで、よしもとが手がけたレビュー・ショーでは最大規模となります。そもそもケレンは江戸時代に登場した演劇用語で、歌舞伎の宙乗りや早替りなどの奇抜な演出を意味しています。「KEREN」の全アジア公式アンバサダーにペリー・キーが就任しています。因みにペリー・キーとは、ロバート・秋山竜次が扮する架空のクリエイターです。

KERENの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/6/2()
  • 16:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
大人S席チケットです。6月2日までのお好きなお日にちに使えます。 本券で入場ではなく、事前の電話予約(公演前日18時まで)により指定席券と引換えです。(指定席券は当日開演30分前迄に会場窓口で交換です。)
1枚のみ800円/枚
  • 2019/6/2()
  • 16:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
大人S席チケットです。6月2日までのお好きなお日にちに使えます。 本券で入場ではなく、事前の電話予約(公演前日18時まで)により指定席券と引換えです。(指定席券は当日開演30分前迄に会場窓口で交換です。)
1枚のみ1,000円/枚
  • 2019/6/2()
  • 16:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
S席の【予約引換券】です。 6月2日までのお好きなお日にちに使えます。 本券では入場できませんので 電話予約をし、当日に引き換えが必要です。
2枚連番(バラ売不可)3,800円/枚
  • 2019/5/24()
  • 14:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
【対象席種】S席
2枚連番(バラ売可)4,000円/枚
  • 2019/5/17()
  • 14:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
【対象席種】S席
2枚連番(バラ売可)4,000円/枚
  • 2019/5/15()
  • 14:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
【対象席種】S席
2枚連番(バラ売可)4,000円/枚
  • 2019/5/4()
  • 12:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
【対象席種】S席
2枚連番(バラ売可)4,000円/枚
  • 2019/4/27()
  • 12:00
クールジャパンパーク大阪(COOL JAPAN PARK OSAKA)

大阪府

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演 KEREN
S席
2枚連番(バラ売可)3,500円/枚

日本独特の芸能をはじめ、アニメや劇画などが海外で高い評価を受けています。今風のこれらの文化はクールジャパン現象と呼ばれており、この現象をコンセプトにした作品が「KEREN」です。ケレンという言葉は元々義太夫節に使われた言葉で、「邪道」を意味していました。現在は「ハッタリ」や「ごまかし」の意味で用いられることもあります。その言葉の通り、今回の舞台にはこれまでのショーやパフォーマンスとは、一線を画すものがあります。ダンスあり剣劇あり、イリュージョンあり歌舞伎ありと伝統文化とポップカルチャーが融合した舞台となります。それはミュージカルのようであり、日本舞踊のようでもあります。舞台上には様々な仕掛けが施されており、屋台崩しと10トンにおよぶ水のパフォーマンスも観られます。それを映像と照明が華やかに演出し、殺陣などのパフォーマンスも繰り広げられます。将に何でもありの、「邪道」とも言うべき常識破りの舞台だと言えます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口