吉川晃司のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

吉川晃司のチケット一覧

吉川晃司(きっかわこうじ)は、広島県出身の男性ミュージシャンです。学生時代から俳優やシンガーなど芸能界に憧れて渡辺プロでレッスンを受け、1984年にシングル「モニカ」で歌手デビュー。その後、所属レーベルや事務所の変遷を経て、レーベルは2013年からワーナーミュージック・ジャパンに、事務所はアクセルミュージックエンターテイメントに所属して活動しています。期待の新人としてのデビュー後も「サヨナラは八月のララバイ」や「ユー・ガッタ・チャンス」、「にくまれそうなNEWフェイス」といったヒットソングを立て続けにリリースし、日本歌謡大賞最優秀新人賞も受賞して不動の人気を確立。その後も邦楽界を代表するロックシンガーとして活躍を続け、布袋寅泰とのユニット「COMPLEX」や他アーティストとのコラボなど幅広い活動も見せてきました。精力的なライブ活動の一方で作品発表もハイペースに行い、デビュー当時から2010年代まで多数の楽曲を発表。2014年には楽曲「Dream On」が映画「イン・ザ・ヒーロー」の主題歌に起用されたり、2018年には「The Last Letter」が映画「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」のエンディングテーマになったりと、常に注目を集めています。また、デビュー当初から俳優としても活動しており、日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど早くから話題に。デビュー作となった「すかんぴんウォーク」をはじめ、大河ドラマ「八重の桜」や「天地人」、映画「るろうに剣心」など多方面で活躍してきました。2019年にはデビュー35周年を記念する全国ツアーを成功させるなど現在進行形でライブシンガーとして活躍しており、2020年5月からは「KIKKAWA KOJI LIVE 2020 TOUR」と題した大規模ツアーの開催も予定しています。長年にわたって邦楽シーンの中心で活躍するシンガーの熱いステージを観られる機会として要注目です。

吉川晃司の日程

すべての日程

KIKKAWA KOJI LIVE 2020 TOUR
2日通し券 GBGB2020
GBGB2020 -5/17
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全48件 1-48件目







吉川晃司は、多くの人々を魅了し続けているアーティストです。1984年に映画「すかんぴんウォーク」に出演し、同映画の主題歌「モニカ」でデビューしました。歌手として「LA VIE EN ROSE」「You Gotta Chance」などのシングルでランキング上位を獲得したほか、俳優としても映画やドラマなどに数多く出演。俳優として日本アカデミー賞助演男優賞を受賞するなど、歌手・俳優として様々な賞を受賞しています。1998年には32歳で個人事務所「アクセルミュージックエンターテイメント」を設立。吉川晃司は最初、アイドルとして活躍を行っていました。背が高く運動神経は抜群で、トークも面白く爆発的な人気を博していました。その後、アイドルという枠だけにとらわれない活動を行い、さまざまな分野で人々を魅了し続けています。そしてコンサートを非常に大事にしていて、開催すればチケットは売り切れ続出。常に盛り上がり、顧客満足度の高いコンサートを展開。また、自ら作曲と作詞を行い、その質の高い楽曲は高い評価を受けています。最近では、一時活動休止していた俳優業も積極的に行い、演技力の高さから、ドラマや映画には欠かせない存在感を発揮しています。俳優業も非常に高い評価を受けており、女性だけでなく男性のファンも非常に多いのも特色。熱い性格の持ち主で常に刺激的な活動を行っています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート