チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 リチャード二世のチケット一覧

舞台「リチャード二世」は、ウィリアム・シェイクスピアによる歴史劇を舞台化した演劇作品です。「リチャード二世」はシェイクスピアの代表作の一つとして知られており、中世ヨーロッパを描いた「ヘンリアド」の1作目となっています。これまでに名作演劇作品として世界各地で何度も舞台化されており、2020年10月からは新国立劇場での上演を予定。新国立劇場では2009年よりたシェイクスピアの歴史劇を上演するシリーズ企画が続いており、この「リチャード二世」がその最終作として注目を集めています。演出を手掛けるのは「ヘンリー六世」の演出で2010年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞し、過去に新国立劇場の演劇部門芸術監督も務めた鵜山仁で、出演者には岡本健一、浦井健治、中嶋朋子、立川三貴、横田栄司、勝部演之など実力派のベテランが出演を予定。上演は2020年10月2日にスタートする予定で、演劇ファンから大きな注目を集めています。

舞台 リチャード二世の日程

すべての日程

舞台 リチャード二世

舞台 リチャード二世のチケットを都道府県で探す

舞台「リチャード二世」は、シェイクスピアの代表的な歴史劇のひとつ「リチャード二世」の舞台化作品です。「リチャード二世」は14世紀後半に王位につき、プランタジネット朝の最終期を治めたイングランド王リチャード二世を主人公とした物語で、幼くして即位したリチャード二世が側近たちや周囲の貴族のしがらみに飲まれながらも生き、やがて実の従弟であるヘンリー・ボリングブルックらのクーデターによって打ち倒されていく様をダイナミックに描いています。「ヘンリアド」と呼ばれる歴史劇四部作の1作目にあたる作品で、歴史的にも文学史的にも最重要の一作として研究・考察がなされてきました。「争い」を通して人間の内面の光や闇を描くドラマとしても圧倒的な高評価を集めており、生々しい人間味にあふれた物語として支持されています。舞台としても常に注目を集めてきた作品で、古くは近世ヨーロッパで上演。現代でも演劇界において重要な一作として、世界中で舞台化されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート