チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾 ジョン王のチケット一覧

「彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾 ジョン王」が彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(埼玉県)で2020年6月8日(月)~28日(日)、御園座(愛知県)で2020年7月3日(金)~6日(月)、梅田芸術劇場シアタードラマシティ(大阪府)で2020年7月10日(金)~20日(月)まで上演されます。出演するのは、ドラマや映画、舞台で活躍する日本屈指のトップ俳優の小栗旬のほか、横田栄司、中村京蔵、玉置玲央、白石隼也などです。1998年に全37作品のシェイクスピアを上演する企画としてスタートした彩の国シェイクスピア・シリーズの第36弾目の舞台です。これまで菅田将暉や大沢たかおなど数々の豪華キャストが主演を務めてきた作品で、翻訳は松岡和子が手掛けます。演出は「おっさんずラブ」や「半沢直樹」「今日から俺は!!」など数々の高視聴率ドラマに出演するベテラン俳優の吉田鋼太郎が務めます。シェイクスピアと馴染みの少ない日本人でも楽しめる舞台となっています。

彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾 ジョン王の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2020/7/18()
  • 17:30
梅田芸術劇場(メインホール/シアタードラマシティ)

大阪府

彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾 ジョン王
1扉 7列 10〜30番 簡易書留にて発送いたします。
2枚連番(バラ売可)23,000円/枚
  • 2020/7/16()
  • 18:30
梅田芸術劇場(メインホール/シアタードラマシティ)

大阪府

彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾 ジョン王
1階 6列 25ー35番
2枚連番(バラ売不可)20,000円/枚

シェイクスピアの名作を舞台にした「彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾 ジョン王」。日本を代表する俳優の小栗旬が先王リチャード1世の私生児、フィリップを演じるほか、横田栄司、中村京蔵、玉置玲央、白石隼也、植本純米、間宮啓行が出演します。1998年から名監督蜷川幸雄のもとで発表し続けてきたシェイクスピアシリーズの舞台で、2代目芸術監督の吉田鋼太郎がラスト前となる今回の舞台「第36弾 ジョン王」のメガホンをとります。自身も出演し、小栗旬も14年ぶりに同シリーズに復帰する注目の作品です。また、登場人物すべてを男性が演じるオールメールとなっており、ジョン王の母親の皇太后エリナー役を中村京蔵、アーサーの母親で息子を王にすべく飛び歩くコンスタンス役を玉置玲央、ジョン王の姪でフランス皇太子と婚約する姫ブランシュ役を植本純米と実力のある俳優陣が女性役を演じます。一連の王権劇を描いた舞台で、幅広い年代の方が楽しめる作品です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート