リーディングシアター キオスクのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

リーディングシアター キオスクのチケット一覧

リーディングシアター『キオスク』は、ウィーンの作家、ローベルト・ゼーターラー原作の舞台作品です。原作小説は2013年に発表。物語の主人公で17歳のフランツは、1937年、親元を離れナチスドイツが台頭するウィーンに移住、見習いとしてキオスクで働き始めます。店の常連客で精神分析学の第一人者であるフロイトから「人生を楽しみ恋をしろ」と忠告され、やがて遊園地で出会ったボヘミアンの女の子、アネシュカに恋をする、というあらすじです。フランツを演じるのは、関西ジャニーズJr.のAぇ!グループに所属する末澤誠也。今作が舞台単独初主演です。ほか、一路真輝、東京パフォーマンスドールの上西星来、岸祐二、山路和弘らが出演。演出を石丸ちさ子が手がけます。また本作は、本公演に向けたショーケースとしてリーディング形式で行われます。公演は、2019年12月25日 (水) ~12月29日 (日)、東京芸術劇場シアターイーストにて行われます。

リーディングシアター キオスクの日程

すべての日程

リーディングシアター キオスク
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全12件 1-12件目

リーディングシアター キオスクのチケットを都道府県で探す

「キオスク」は、戦時下のうねりに飲まれるオーストリアを舞台に、田舎から出てきた青年フランツの自立や恋愛などを描いたノスタルジックな青春小説。作者であるローベルト・ゼーターラーは1966年ウィーン生まれで、国際的にも注目される現代オーストリア文学の人気作家です。2006年に小説家デビューし、2014年の「一生」ではドイツの文学賞も受賞。「キオスク」は2013年に発表され、日本では2017年6月に邦訳版が発行されています。またオーストリアとドイツの合作で映画も製作され、2018年に公開。日本ではEUフィルムデーズ2019にて、東京と京都で上映されています。2019年に東京芸術劇場にて上演される舞台公演は、本格的な舞台作品への足がかりとすべく、リーディング形式が採られています。キャストには関西ジャニーズJr.の末澤誠也、東京パフォーマンスドールのメンバーで雑誌モデルも務める上西星来などの若手から、宝塚OGの一路真輝といったベテランまでが顔を揃えています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口