清木場俊介のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数122,846枚、本日の新着チケット数3,379

清木場俊介のライブ・コンサートチケット一覧

清木場俊介は日本の男性シンガーソングライター、1980年1月11日生まれの山口県宇部市出身で「俊ちゃん」の愛称でファンから親しまれています。公式ファンクラブの名称は「清木場組」となっています。名称甘い歌声と表現力豊かな歌いまわし、叙情表現に長けた歌詞などが業界内外から高い評価を得ている実力派シンガーソングライターです。 2001年にEXILEのボーカリスト「SHUN」として歌手デビュー、2004年3月に尾崎豊のトリビュートアルバム『""GREEN"" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』へ単身参加した事を契機にソロボーカリストとしての活動を開始しました。同年5月に「清木場俊介」名義での活動を開始、翌2005年1月にシングル『いつか…』をリリースし一人のアーティストそしてデビューを果たします。 2006年3月29日付でEXILEを正式に脱退してソロ活動に専念、楽曲制作やホールクラスのコンサートツアーなど精力的な音楽活動を展開し2011年には日本武道館単独公演を成し遂げました。テレビ朝日『奇跡の扉 TVのチカラ』エンディングテーマ「ありがとう」や映画『天国は待ってくれる』の主題歌を同名楽曲で担当、TBS系『ニューイヤー駅伝2011』テーマソング「風に唄えば…」など各方面から数々のタイアップオファーも受けています。 また、ミュージシャンとしての活動以外にも詩家として2004年から2010年に至るまで4度個展を開き好評を博しています。役者としても自身が主題歌を担当した『天国は待ってくれる』で主演を務めるなど、芸術分野においてマルチな才能を発揮している多才なアーティストです。

清木場俊介の日程

すべての日程

清木場俊介 CHRISTMAS CONCERT 2017 WHITE ROCK
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全8件 1-8件目

清木場俊介のチケットを都道府県で探す

2004年よりEXILEのボーカルと並行してソロ活動を展開している清木場俊介は日本の男性シンガーソングライター、1980年1月11日生まれの山口県宇部市出ですが、2006年にEXILEを脱退してソロ活動に専念するようになってからも、ほぼ毎年全国を回ってライブイベントを開催しています。ライブの魅力は、デビュー前からの自身の代名詞と言っても過言ではないロックやバラードはもちろんの事ですが、R&Bやアコーステックフォーク曲も披露しており聞く人の心を惹きつけてくれます。 自身で作詞や作曲を行っており、歌詞の中で登場する自分の生き様を表現している文章は、聞く人の一人一人の生き方と照らし合わせて共感出来る部分が有り、歌のジャンルが変わるとCDや音楽配信曲で聞いたのでは分かりづらいと思える程、違う声を出す事が出来ます。ロックを唄う時の激しさ、バラードを唄う時の甘さ、時には涙を誘ったり、伝えたい歌詞の部分の感情表現の表し方、来てくれたファンに感謝を伝え、一体となって会場を盛り上げられる魅力が全てライブ会場に凝縮されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口