清木場俊介のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

清木場俊介のチケット一覧

清木場俊介は、日本の男性シンガーソングライターです。1980年1月11日生まれの山口県宇部市出身で、「俊ちゃん」の愛称でファンから親しまれています。また、公式ファンクラブの名称は「清木場組」となっています。甘い歌声と表現力豊かな歌いまわし、叙情表現に長けた歌詞などが業界内外から高い評価を得ている実力派シンガーソングライターです。 2001年にEXILEのボーカリスト「SHUN」として歌手デビューし、2004年3月に尾崎豊のトリビュートアルバム『""GREEN"" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』へ単身参加した事を契機にソロボーカリストとしての活動を開始しました。同年5月に「清木場俊介」名義での活動を開始、翌2005年1月にシングル『いつか…』をリリースし一人のアーティストとしてデビューを果たします。 2006年3月29日付でEXILEを正式に脱退してソロ活動に専念、楽曲制作やホールクラスのコンサートツアーなど精力的な音楽活動を展開し2011年には日本武道館単独公演を成し遂げました。テレビ朝日『奇跡の扉 TVのチカラ』エンディングテーマ「ありがとう」や映画『天国は待ってくれる』の主題歌を同名楽曲で担当、TBS系『ニューイヤー駅伝2011』テーマソング「風に唄えば…」など各方面から数々のタイアップオファーも受けています。また、ミュージシャンとしての活動以外にも詩家として2004年から2010年に至るまで4度個展を開き好評を博しています。役者としても自身が主題歌を担当した『天国は待ってくれる』で主演を務めるなど、芸術分野においてマルチな才能を発揮している多才なアーティストです。ライブシンガーとしても精力的に活動を続け、2019年6月からは「LIVE HOUSE TOUR 2019 ROCK ON」と題したツアーを開催予定。清木場俊介の魅力をより近い距離で体感できるライブハウスツアーとして、必見です。

清木場俊介の日程

すべての日程

KIYOKIBA SHUNSUKE ROCK&SOUL 2019-2020
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全36件 1-36件目

清木場俊介のチケットを都道府県で探す







清木場俊介は、山口県宇部市出身の男性シンガーソングライターです。ボーカル&ダンスグループ「EXILE」の初代ボーカリストとして知られています。幼少期から尾崎豊や長渕剛の曲に触れたのが音楽の道を志すきっかけになり、中学生時代からバンドや弾き語りで音楽活動をスタート。その活動がavex関係者の目に留まったのが注目を集めるきっかけになり、2001年にEXILEのボーカリスト「SHUN」としてメジャーデビューしました。2004年からは本名の「清木場俊介」名義でソロ活動もスタートし、尾崎豊のトリビュートアルバムに参加するなど、EXILEとはまた違った表情を見せて注目されました。2006年にはEXILEを正式に脱退してソロアーティストとなり、自身のルーツである歌謡曲などの要素も取り入れたロック色の強い音楽性で知られるように。また、シンガーとしての活動だけでなく、自身のファッションブランドを設立したり、ペットボトルキャップ回収運動を実施したり、俳優として映画に出演したりと、幅広いジャンルでアーティストとして活躍してきました。さらに、詩や書の個展を開催するなど、文学面にも造詣の深い知的な一面もあります。EXILE脱退後もメンバーたちとの交流は続いており、ATSUSHIのソロドームツアーにゲスト参加したこともあります。多才でカリスマ性あふれるアーティストとして、ますます注目が集まるエンタメ界の最重要人物の一人です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口