チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

纐纈歩美のライブ・コンサートチケット一覧

纐纈歩美(こけつあゆみ)は1988年生まれ、岐阜県出身のジャスアルトサックス奏者。メジャーデビューは2010年、ポニーキャニオンからファーストアルバムである「Struttin'」を発表しました。同時期から岐阜と名古屋を中心にライブ活動を始め、ジャズ界注目の新人として頭角を現します。2012年には北欧の演奏者を迎え、ノルウェーで3作目となるアルバム「Rainbow Tales」を制作、その後第4作、第5作はニューヨークで制作を行いました。特に第5作目となった「Balladist」は、アメリカ人ジャズピアニストDavid HazeltineやベーシストDavid Williamsなどとチームを組んで挑戦した纐纈にとって初のバラード集で、穏やかな曲調と深い音色で多くのファンを魅了しました。2017年には初のセルフプロデュースのアルバム「Aquarelle」を発表。水彩画のような透明感のある音作りを目指し、好評を得ています。さらに2018年にはボサノヴァ誕生60年にちなみ小野リサのプロデュースにより新たにボサノヴァとジャズのミックスに挑戦。2020年はギタリスト成瀬明とベーシスト徳田智史とのユニットELLiPSEとして3月20日に名古屋で「STAR EYES」、3月21日に「Bird &Bizz」のイベントに参加。独特なサウンドで観客を魅了します。

纐纈歩美の日程

すべての日程

纐纈歩美ジャズ・トリオ

纐纈歩美のチケットを都道府県で探す

纐纈歩美はトロンボーン奏者の父の影響で幼少時から様々なジャンルの音楽に触れ、自身も3歳でピアノを習い始めます。サックスに転向したのは中学の頃。高校時代にはジャズサックス奏者である椿田薫のもとで本格的にジャズを始め、その後は甲陽音楽学院名古屋校に入学、音楽の深い知識を修得します。北欧や、ジャズの中心地であるアメリカでの経験を経て培われた深く落ち着いた音色ながらパワフルな演奏は多くのファンから支持され、また、その活動では多くの演奏家との共演や挑戦を展開し、ジャズの新たな魅力を次々に開拓しています。2010年のデビューから若く新しい感性を披露した纐纈は様々な音楽メディアや雑誌でも絶賛され、ジャズ界の新星となるまでに時間はかかりませんでした。中でも特に注目を浴びたのが2017年のボサノヴァへの挑戦です。セルフプロデュースやオリジナル曲などでジャズを深く掘り下げたところからの全く新しい試みは纐纈自身の音楽性や価値観を大きく高め、進化し続けるプレーヤーとして今後の活動が注目されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート