こまつ座のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数152,814枚、本日の新着チケット数558

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

こまつ座のチケット一覧

こまつ座は、小説家で劇作家の井上ひさしが主宰する劇団です。1983年に結成され、井上作の戯曲を上演しています。1984年に「頭痛肩こり樋口一葉」で旗揚げ公演を行いました。以降は新作と再演や、こまつ座以前からある井上の作品を年間4〜6本ペースで上演しています。上演作品のほとんどが井上オリジナル作品となっていて、公演ごとに演出家や出演者を外部から招いているため、作品単位で一座を結成している点も特徴的です。そのため所属劇団員は少なく、現在の所属俳優は辻萬長のみです。公演パンフレット「the 座」には、井上の前口上や後口上、シナリオを掲載しています。近代文学者(夏目漱石、太宰治、宮沢賢治、魯迅など)を取り上げた伝記劇なども手がけています。2019年は井上ひさし没後10年を記念し、「どうぶつ会議」「イーハトーボの劇列車」「木の上の軍隊」「化粧二題」「日の浦姫物語」「組曲虐殺」のラインナップを予定しています。

こまつ座の日程

すべての日程

こまつ座 木の上の軍隊
こまつ座 第127回公演 化粧二題
こまつ座 組曲虐殺
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全18件 1-18件目

こまつ座のチケットを都道府県で探す


こまつ座は、小説家の井上ひさしが自身の作品を上演するために旗揚げした劇団です。1983年の結成以来、年に4〜6作品が上演されています。年間のステージ数は200〜250公演に及び、全国各地の演劇ブロックで公演が行われています。井上作の戯曲を上演しています。数ある作品の中でも「父と暮らせば」「木の上の軍隊」「母と暮らせば」の三作は『戦後命の三部作』と呼ばれ、名作の呼び声が高いシリーズです。1994年9月に初演された「父と暮らせば」は上演回数が通算500回を超え、第2回読売演劇大賞優秀作品賞にも選ばれた劇団の代表作です。2018年には、井上の意志を継いで山田洋次監督が手がけた実写映画「母と暮らせば」を舞台化しました。これは三部作の最後の一作として、井上の原案をもとに畑澤聖悟が脚本を担当した二人芝居です。このほか「イーハトーボの劇列車」「化粧二題」「たいこどんどん」など、初演以来何度も再演を重ねている人気作品が豊富です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口