米粒写経のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,635枚、本日の新着チケット数4,299

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

米粒写経(お笑い)のチケット一覧

米粒写経は居島一平とサンキュータツオからなる、漫才をメインとしたお笑いコンビです。二人は早稲田大学・落語研究会の先輩と後輩で、居島が一年下のタツオを誘って1998年に結成しました。現在の所属はワタナベエンターテイメントですが、浅草キッドが主催していたライブに素人として出演したのが最初です。米粒写経としては、活動休止期間を経て2001年に再結成されました。それと同時にプロとなり、幾つか芸能事務所を経てオフィス北野に所属することになります。2017年には色物として落語協会に加盟しており、併せてボーイズバラエティ協会にも所属しました。当時の活動のメインには、浅草東洋館での定席などがあります。2018年4月に所属事務所のマネジメント問題から、フリーエージェント宣言することになります。そして、最終的にワタナベエンターテイメントに所属することになりました。彼らの漫才は次世代ハイブリッド型と称されており、浅草園芸ホールなどに出演しています。

米粒写経(お笑い)の日程

すべての日程

4月 池袋特選会 米粒写経 例大祭
ゴエツドウシュウ

米粒写経(お笑い)のチケットを都道府県で探す

米粒写経は時事ネタから世間的な雑談まで、幅広い題材で激しい笑いをとれるインテリお笑いコンビです。コンビ外の活動も活発に行っており、居島は映画の知識を活かしたトークライブや、特技のイラストによる本の挿絵などで活躍しています。かつては高田文夫が編集長をつとめた「笑芸人」という雑誌で、東京の若手芸人50選に選ばれたこともあります。そのトーク力はお墨付きで、漫才では往年のビートたけしを彷彿とさせると言われます。落研出身ということもあり、現在でも寄席に対してもこだわりを強く持っています。それぞれの寄席に出してもらうことで、芸に磨きがかかると語ります。一方、サンキュータツオの方も学者としても活躍しており、広辞苑の改訂などにも関わっています。TBSラジオで放送されている、東京ポッド許可局のメンバーでもあります。それ以外に、自身が主宰するポットキャスト番組もあります。その他、サブカルに関する造詣も深く、著書も多数出版されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口