近藤研二のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数170,328枚、本日の新着チケット数350

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

近藤研二のライブ・コンサートチケット一覧

近藤研二は、1966年の8月3日生まれの日本の音楽家です。福岡県の久留米市出身で、CDも発売している「栗コーダーカルテット」や、「図書館」等のメンバーとしても活躍しています。また、ウクレレやギターを中心とした弦楽器の奏者として、多くのアーティストと共演しています。その他にも数多くのアニメや映画等の音楽も、手がけています。主な楽曲提供作品には、第81回アカデミー賞受賞作品である「つみきのいえ」や、テレビアニメの「しろくまカフェ」や「ウクレレ・モーツァルト」等があります。また、遊佐未森や大島保克やバンドの相対性理論等のアーティストと競演しています。そして過去の参加ユニットとしては、ハイポジがあります。

ほっこりした気持ちになる近藤研二のサウンド

近藤研二は福岡出身の音楽家で、ギターやウクレレを中心にした弦楽器奏者として有名なアーティストです。栗コーダーカルテットやその他のバンドで活躍しながら、多くのアニメや映画音楽なども手掛けています。彼が提供した楽曲作品の中には、シロクマを題材にしたカフェミュージック集などもあり、ペンギンやパンダなど動物が持つ可愛らしいイメージと温かさが一体化したようなほっこりしたサウンド作品が数多くの人から人気を集めています。彼のライブでは、聴く人の耳に優しく届けられるメロディのほのぼのとした魅力が、毎回会場を温かい雰囲気に包みこんでいきます。優しいサウンドで紡ぎ出すストーリー性のある楽曲は、吟味を重ねて余分な音を入れず、シンプルながら観衆の心にストレートに響く魅力があります。また、彼が所属する栗コーダーカルテットは、ウクレレなどの身近な楽器を使って癒しの脱力系バンドとも呼ばれることが多いですが、そんなイメージとは裏腹に、ここ数年は全国のコンサートホールなどを巡っての年間100本以上の公演も精力的に行っています。さらに、2011年、2012年では日本の枠を飛び越え、ヨーロッパツアーを敢行し、その後もアジアツアーを展開するなど、彼らの癒しのサウンドが持つ力は国境を越えて人々の心を掴んでいます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口