神戸聖愛教会のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数165,558枚、本日の新着チケット数3,733

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

神戸聖愛教会のチケット一覧

1882年に誕生した兵庫県の神戸聖愛教会では、2019年2月11日(月・祝)にムジカ・リチェルカーレ主催の「ヴィヴァルディ×テレマン〜バロックの終焉より革新の変遷〜」が開催されます。 当日は、A.ヴィヴァルディの室内協奏曲 ト短調 RV107と合奏協奏曲 ニ長調 RV564a、J.G.ヤーニチュの教会ソナタ ト短調 、J.G.グラウンのヴィオラ・ダ・ガンバ協奏曲 イ短調GraunWV A:XIII:14、G.P.テレマンのヴァイオリン協奏曲 イ短調 TWV51:a2と序曲(組曲)〈ラ・ブルース〉などがバロック楽器で演奏される予定となっています。 ヴァイオリンに磯辺陽、ヴァイオリンとビオラに藍野冴・上川忠昭、ヴィオラ・ダ・ガンバに橋詰シャフィック、チェロに中嶋寄恵(友情出演) 、フラウト・ドルチェに小栗献、 バロック・オーボエに高岡友美、バロック・ファゴットに首藤元、チェンバロに澤朱里がそれぞれ出演します。 あまり目にする機会のないバロック楽器による演奏を、教会という神聖な場で楽しめる貴重な機会は見逃せませんね。

神戸聖愛教会の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/2/11()
  • 14:00
神戸聖愛教会

兵庫県

ムジカ・リチェルカーレ A.ヴィバルディ×G.P.テレマン〜バロックの終焉より革新の変遷〜
ペア招待 2名様分 送料なし 自由席 ◯プログラム 予定 A.ヴィヴァルディ| 室内協奏曲 ト短調 RV107 A.ヴィヴァルディ|合奏協奏曲 ニ長調 RV564a J.G.ヤーニチュ | 教会ソナタ ト短調 J.G.グラウン | ヴィオラ・ダ・ガンバ協奏曲 イ短調 GraunWV A:XIII:14 G.P.テレマン | ヴァイオリン協奏曲 イ短調 TWV51:a2 G.P.テレマン | 序曲(組曲)〈ラ・ブルース〉 ◯出演者 Violin 磯辺陽 Violin&Viola 藍野 冴・上川 忠昭 Viola da gamba 橋詰 シャフィック Violincello 中嶋 寄恵(友情出演) Flauto dolce 小栗 献 Baroque Oboe 高岡友美 Baroque Fagott 首藤元 Cembalo 澤朱里
2枚連番(バラ売不可)999円/枚

神戸聖愛教会は、「神戸浸(しずめ)教会」として1882年にヘンリー・ホルコム・リース博士によって創設された日本基督教団の教会です。同教会では、1982年に創立100周年を記念して旧礼拝度の北側に「記念ホール」が建築され、1992年には現在使用されている礼拝堂が献堂されました。礼拝堂は高い天井を持っており、音響に優れていることから数多くのコンサートが行われています。 2019年2月11日(月・祝)には、2018年8月にリチェルカーレ弦楽四重奏団を母体に始動し、バロックから古典の小編成の楽曲をバロック楽器で演奏する団体、ムジカ・リチェルカーレが主催するコンサート「ヴィヴァルディ×テレマン〜バロックの終焉より革新の変遷〜」が開催される予定です。 バロック楽器とは、現在は廃れてしまったり改良された楽器を指します。今回のコンサートでは、主に室内楽や教会音楽で使用されていたヴィオラ・ダ・ガンバをはじめ、バロック・オーボエ、バロック・ファゴット、フラウト・ドルチェ、チェンバロなどの音色を楽しむことができます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口