KREVAのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数157,939枚、本日の新着チケット数1,142

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

KREVA(クレバ)のライブ・コンサートチケット一覧

KREVA(クレバ)は、1995年頃から活動しているヒップホップアーティストです。慶應義塾大学に在学中にラッパーやトラックメイカーとしての活動を始め、1997年に結成したKICK THE CAN CREWの活動で一躍有名に。2002年にはNHK紅白歌合戦への初出場も果たしています。2004年にKICK THE CAN CREWが活動を休止した後は、KREVAとしてソロ活動を開始。シングル「音色」でメジャーデビューを果たしました。現在の所属事務所はエレメンツ、所属レーベルは自身が設立した「くレーベル」となっています。ヒップホップアーティストとしては異例の幅広い人気を誇っているのが特徴で、2006年にはアルバム「愛・自分博」でヒップホップソロアーティストとして初のオリコンチャート1位を獲得。リリースツアーでは同じくヒップホップソロアーティストとして初の快挙である単独での日本武道館公演を達成しました。これまでに20枚以上のシングルと7枚のアルバム、他にもミニアルバムやライブDVDなどをリリースし、邦楽ヒップホップシーンを代表するアーティストとして人気を集め続けています。代表曲としては、映画「ローグ・アサシン」の主題歌になった「ストロングスタイル」、19枚目のシングル「王者の休日」、デビュー曲でもある「音色」、シンガーのSONOMIをゲストに迎えた「ひとりじゃないのよ」などがあります。また、久保田利伸やスピッツの草野マサムネ、三浦大知、小室哲哉などジャンルを問わないビッグアーティストと数多くのコラボを果たしてきたことでも知られています。楽曲はキャッチーで聴きやすいのが特徴ですが、社会的なメッセージの強い作品も多く、エンタメ性とメッセージ性を兼ね備えたアーティストと言えるでしょう。2018年12月からは「KREVA CONCERT TOUR 2018」と題して東京、大阪、愛知、宮城、北海道、福岡を回るツアーを開催予定で、進化を続けるKREVAの最新形を全国で間近で目撃できるチャンスとなっています。

KREVA(クレバ)の日程

すべての日程

KREVA 15TH ANNIVERSARY YEAR 日本武道館ワンマンライブ
ビクターロック祭り2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決newビクターロック祭り2019

    • 幕張メッセ(国際展示場、イベントホール)(千葉県)
    • 主催者最速限定ペアチケットです。1枚で2名様入場できます。2019/3/2(土) 10:00~発券できます。発券番号をお知らせ致しますので、セブンイレブンで発券していただき、当日会場でリストバンドと交換になります。 毎年参加している楽しみなフェスですが、今年は家の都合で行かれなくなりました。実際の支払い金額は¥18,034なので端数は切り捨てました。今から購入予定の方はお得だと思います。楽器メーカーやブランドのブースもあり、室内なので天候に左右されない楽...

      • コンビニ発券
      • 主催者
      • 18,000円/枚
    • 1枚のみ
    • ビクターロック祭り2019

    • 幕張メッセ(国際展示場、イベントホール)(千葉県)
    • 【幕張公演 1日のみ】ぴあ先行枠 座席未定 限定ペアチケット1枚分 2名様入場可能です 木村カエラ 斉藤和義 他 公演日の1週間前発送予定 簡易書留発送予定ですがご希望ございましたら事前相談下さい。安心安全のお取引を心掛けております。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 22,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 1
全3件 1-3件目

KREVA(クレバ)のチケットを都道府県で探す

KREVA(クレバ)のライブはまさにヒップホップを次のステージに昇華させた驚くべき空間になっていてもはやそれはクレバホップと言う新たなジャンルと言っても過言ではありません。彼が奏でるライムとリリックは聞くものをクレバワールドに引き込みます。彼はもともとラップのフリースタイル王者に何度も輝く中で鍛えられたその巧みな言葉づかいとキックザカンクルー時代に鍛えられたキャッチーなリリックが見事なまでに融合しており、ソロとなった後はその唯一無二のスタイルをより高いレベルに昇華しています。また楽曲の良さだけではなく、そのステージングも本当に観客を楽しませる仕掛けが随所にあり、それはまさにキングオブステージングと言っても過言ではありません。彼のライブに行けばその魅力に虜になり、病みつきになること間違いなしで、中毒症状になってしまうでしょう。彼のライブに行かなくて一体誰のライブに行くのでしょう。必ずや満足できることまちがいなしです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口