舞台 組曲虐殺のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 組曲虐殺のチケット一覧

舞台「組曲虐殺」は、2010年4月に逝去した作家井上ひさしが最後に書き上げた戯曲のことです。2010年に上演されて以来、高い人気を誇り、様々な賞を受賞するほどの完成度の高い優れた舞台として知られています。舞台「組曲虐殺」で描かれているのは、プロレタリア文学の旗手である小林多喜二の生涯であり、小林多喜二が幼少のころから過ごし見てきた景色、どのような思想でもって文学を描いていき、29歳4か月で死に至るまでの過程を、彼と彼の愛する周囲の人々とともに描いています。 こまつ座とホリプロが講演する音楽劇であり、2019年の舞台は、井上ひさしが没してから10年となるメモリアルイヤーであり、かつ舞台「組曲虐殺」の初演より10年でもあるため、力を入れて作成されています。2019年10月に東京・天王洲銀河劇場の上演から始まり、福岡、大阪、長野、富山に愛知と全国を巡って上演される予定です。主演は初演も演じた井上芳雄、このほか上白石萌音、高畑淳子、山本龍二、神野三鈴といった有名実力派の俳優が出演する舞台です。

舞台 組曲虐殺の日程

すべての日程

舞台 組曲虐殺
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全35件 1-35件目

舞台 組曲虐殺のチケットを都道府県で探す

舞台「組曲虐殺」の魅力は、井上ひさしが書き上げた小林多喜二の見所ある生涯が描かれているということ、そして実力ある俳優たちが繰り広げる迫力ある美しい舞台であるということにあります。数々の舞台・戯曲を作り上げてきたことで知られている作家の井上ひさしが書き上げた戯曲として、開幕から始まり幕が閉じるまで、そして終わった後ですら余韻を感じることができる音楽劇です。その素晴らしさは様々な賞を受賞していることでも認められます。激動の時代に翻弄された人々の優しくも切ない人間模様と、小林多喜二の細やかな心情描写は多くの人々の心に訴えかける仕上がりです。明るさと笑いもありつつ、現代社会を風刺するものともなっています。 また、舞台「組曲虐殺」は音楽劇としての側面もあり、演出は栗山民也が手掛けているのですが、「信じて走れ」「胸の映写機」などといった様々な美しく心に響くような楽曲に彩られており、音だけでも楽しむことができる舞台となっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口