栗コーダーカルテットのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

栗コーダーカルテットのライブ・コンサートチケット一覧

栗コーダーカルテット(クリコーダーカルテット)は、日本で活動する4人組みの音楽グループです。1994年に結成された栗コーダーカルテットは、その名の通りリコーダーやウクレレをメイン楽器として演奏している音楽バンドです。1997年にリリースした1stアルバム「蛙のガリアルド」がテレビアニメやドラマのBGMで起用された事をきっかけに人気を高めました。2000年にはNHK教育テレビの番組の挿入歌の作曲および演奏を担当した事から一躍有名となりました。栗コーダーカルテットは栗コーダーポップスオーケストラやワンダーランド室内管弦楽団といった名前でも活動しており、世界公演なども積極的に開催し、活動の場を世界へと広げているグループです。

栗コーダーカルテットの日程

すべての日程

1日券 YATSUI FESTIVAL! 2019 -6/15
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決1日券 YATSUI FESTIVAL! 2019 -6/15

    • TSUTAYA O-EAST(東京都)
    • 特別先行早割で購入したので、リストバンド交換が早くできます。 番号を連絡しますので、セブンイレブンで発券お願いします。その際、別途108円の発券手数料がかかります。

      • プレイガイド
      • 9,000円/枚
    • 1枚のみ
全2件 1-2件目

栗コーダーカルテットのチケットを都道府県で探す

栗コーダーカルテット(クリコーダーカルテット)の紹介

栗コーダーカルテット(クリコーダーカルテット)は、リコーダーをメイン楽器とした日本の音楽グループです。メンバーは4人で、使われる楽器はリコーダーのほか、ピアニカ、ウクレレ、クラリネットなどを使っており、珍しい楽器としては、アンデス25や口琴なども使っています。彼らを有名にしたのはスターウォーズの「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」をウクレレ、リコーダー(正確にはアンデス25)などを使って演奏したもので「やる気のないダース・ベイダーのテーマ」とも言われる曲です。またこのほかにも特撮や海外映画のテーマ曲などをカバーしており、脱力系または癒し系のほのぼのとした曲として愛されています。また教育番組やアニメ、テレビCMなどの音楽も手がけており、リコーダーを使った音楽を耳にした場合、おおむね彼らが手がけた音楽となっています。また音楽活動としてはライブも精力的に行っており、全国各地で開催しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口