チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ミラノ・スカラ座 のコンサートチケット一覧

ミラノ・スカラ座は、イタリア・ミラノにある歌劇場、および主催されるオペラ公演です。1778年に落成され、アントニオ・サリエリ作の『見出されたエウローパ』が、こけら落としとして上演されました。日本でのスカラ座公演は、1965年から16年の歳月をかけた交渉の末、1981年9月に初公演『シモン・ボッカネグラ』が東京文化会館、NHKホールで開催されました。同月には、『セヴィリアの理髪師』、『オテロ』、『ボエーム』が立て続けに上演されます。また7年後の1988年9月にも、『ナブッコ』、『ボエーム』、『トゥーランドット』、『カプレーティとモンテッキ』が上演されました。その後も、2000年『ナブッコ』、『ボエーム』、『トゥーランドット』、『カプレーティとモンテッキ』と、数年単位で日本公演が実施されます。2009年も『アイーダ』、『ドン・カルロ』が上演されました。2020年も、『トスカ』、『椿姫』が制作されるなど、度々日本公演が開催されています。

ミラノ・スカラ座 の日程

すべての日程

ミラノ・スカラ座 椿姫
ミラノ・スカラ座 トスカ

ミラノ・スカラ座 のチケットを都道府県で探す

イタリア・ミラノにある歌劇場、および主催されるオペラ公演が、ミラノ・スカラ座す。1778年に落成され、こけら落としでアントニオ・サリエリ作の『見出されたエウローパ』が上演されます。その後、イタリア・オペラの指定場所となっていき、ロッシーニやドニゼッティ、ヴェルディなど、偉大な作曲家たちが公演を行っていきました。戦時中の1943年に空爆を受け、戦後1946年に再建され、アルトゥーロ・トスカニーニ指揮によるコンサートで、再オープニングが行われました。日本でのスカラ座公演は、1981年9月に東京文化会館、NHKホールで初公演『シモン・ボッカネグラ』が開催されました。その後も、『ナブッコ』、『ボエーム』、『トゥーランドット』、『カプレーティとモンテッキ』『ナブッコ』、『ボエーム』、『トゥーランドット』、『カプレーティとモンテッキ』など、多くの作品が日本で上演されていきます。イタリアオペラの最高峰、オペラの殿堂として知られ、その美しき音楽を体感でき、数年単位で上演される日本公演は、多くのオペラファンを魅了しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート