ORQUESTA DE LA LUZのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数152,816枚、本日の新着チケット数2,873

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタデラルス)のライブ・コンサートチケット一覧

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタデラルス)とは、1984年に結成された日本のサルサバンドです。1989年にニューヨークで行ったライブツアーが大成功をおさめた後、翌年にCD「デ・ラ・ルス」でデビューしました。日米で発売されたこのアルバムは、ビルボード誌のラテン・チャートで11週連続第1位を獲得し、圧倒的な人気を得ました。1991年発売の「サルサに国境はない」は、プラチナディスク、1992年発売の「ディフェレンテス」は、ゴールドディスクを獲得しました。また、1993年発売の「ラ・アベントゥーラ」はグラミー賞にノミネートされ、その年の紅白歌合戦にも出演を果たしました。しかし、1997年にグループは解散しました。その後、2002年にチャリティーコンサートを機に活動を再開しました。

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタデラルス)の日程

すべての日程

ORQUESTA DE LA LUZ 結成35周年記念 ビルボードライブ

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタデラルス)のチケットを都道府県で探す

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタデラルス)

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタデラルス)は、日本で初めての本格的なサルサバンドとして1984年に結成されました。1997年に一度バンドの解散がありましたが、2001年より活動を再開しています。サルサは中南米の色々な音楽が混ざり合って生まれたラテン音楽のひとつで、スペイン語でソースという意味です。スペインとアフリカの影響を受けた音楽にダンス音楽やジャズ・ロックなどがミックスされて出来上がった軽快なミュージックはまさにソースそのもので、今もなお音楽のはやりを取り入れながら人々に愛されています。またサルサミュージックはダンスミュージックとしても活用されているため、中南米では音楽に合わせて気軽にダンスも楽しんでいます。このようにラテン世界に根ざした音楽を、遠い東洋の国である日本人が演奏すると言うことで、オルケスタデラルスのデビュー当時は、中南米でも話題になりました。ファーストアルバムはラテンアメリカでもヒットして、ラテンチャートの1位を獲得したりライブツアーも果たしています。ヴォーカルのNORAの力強い歌声と、軽快なリズムを刻むバックバンドの演奏が一体化したステージは、思わず体も動き出す躍動感にあふれています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口