チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

L’Arc-en-Ciel(ラルク)のチケット一覧

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)は、1991年に結成された4人組ロックバンドです。バンド名はフランス語で「虹」を意味しており、通称は「ラルク」で知られています。メンバーはボーカルのhyde、ギターのken、ベースのtetsuya、ドラムのyukihiroの4人で、大阪でtetsuyaを中心に結成。メンバーの変遷を経て1998年に現在の編成になりました。インディーズ時代から関西を中心に絶大な人気を誇り、1994年にはビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビュー。以降J-ROCKシーンのみならず邦楽シーン全体で圧倒的な支持を集め続けており、日本を代表する人気アーティストの一組として知られてきました。所属レーベルはKi/oon Music、所属事務所2019年12月より株式会社ソニー・ミュージックソリューションズとなっています。音楽面ではキャッチーかつ疾走感のあるロックナンバーからメロディアスで美麗なバラードまで幅広い楽曲を持っており、メンバー4人全員が作曲を手がけていることでも有名です。また、ほとんどの曲の作詞を手がけるhydeによる文学的な詞世界も高評価を集めてきました。代表曲には不動の人気を決定づけたヒット曲「虹」をはじめ、今もなお邦楽ロックの名曲として知られる「HONEY」、名曲として名高い「花葬」、アニメ主題歌としても話題を集めた「READY STEADY GO」や「DAYBREAK'S BELL」や「SHINE」、映画「バイオハザード: ザ・ファイナル」の吹替版主題歌になった「Don't be Afraid」などがあり、1990年代から2010年代以降まで常にスマッシュヒット曲を世に送り出しています。また、地上波音楽番組やNHK紅白歌合戦などメディア出演も多く、国民的アーティストとしても人気に。一方でライブバンドとして常に数多くの公演を行ってきました。その人気は海外にも及んでいて、中国、台湾、韓国、タイなどのアジア各国はもちろん、アメリカやイギリス、フランスなどでもライブを成功させています。結成から20年以上が経つ2010年代以降も精力的な活動を行い、ワールドツアー開催、ドキュメンタリー映画公開、16万人を動員する国立競技場でのライブなどを展開。2016年には「Don't be Afraid -Biohazard×L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR-」と題した世界初のVRミュージックビデオを公開するなど、新しい試みにも挑戦してきました。2020年1月からはおよそ8年ぶりの全国ツアー「ARENA TOUR MMXX」が開催予定となっていて、1月9日からの大阪城ホール公演を皮切りに、5都市12公演が開催されます。世界中でカリスマ的人気を誇るL'Arc〜en〜Cielの最新形を観ることができるライブとして、必見です。

L’Arc-en-Ciel(ラルク)の日程

すべての日程

TETSUYA LIVE 2020 SPRING
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全7件 1-7件目

L’Arc-en-Ciel(ラルク)のチケットを都道府県で探す








L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)は、1990年代から邦楽ロックシーンで絶大な人気を誇るロックバンドです。キャッチーで耳に残るメロディとテクニカルなバンドサウンド、ボーカルhydeの描く文学的で繊細な詞世界が魅力として知られていて、数多くのヒット曲・名曲を発表して世代や性別を問わず音楽ファンの注目を集めてきました。代表曲には「虹」「HONEY」「snow drop」「HEAVEN'S DRIVE」「READY STEADY GO」「DAYBREAK'S BELL」など疾走感のあるロックチューンから攻撃的なナンバー、壮大なミディアムナンバーまでさまざまなタイプの楽曲があり、多彩な表現で支持されています。また、バンドアンサンブルのクオリティや各メンバーの技量の高さでも知られていて、2000年代以降の多くのアーティストやプレイヤーにも影響を与えてきました。大規模なライブツアーや海外でのワールドツアー開催などライブシーンでも圧倒的な成功を収めており、日本が世界に誇るトップアーティストといえる存在です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート