leave them all behind 2019のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

leave them all behind 2019のチケット一覧

2009年よりスタートした轟美重音シリーズライブの「leave them all behind(リーブレムオールビハインド)」。NEUROSISとCONVERGEがダブル・ヘッドライナーとして、「leave them all behind 2019」が開催されます。NEUROSISは1985年に結成されたアメリカ・カリフォルニア州のポストメタルバンドです。メンバーはScott Kelly(ギター、ボーカル、パーカッション)とSteve Von Till(ギター、ボーカル、パーカッション)、Dave Edwardson (ベース、キーボード、シンセサイザー、ボーカル)、Noah Landis (シンセサイザー、オルガン、ピアノ、サンプリング)、Jason Roeder(ドラム)Josh Graham (VJ)の計6名です。1987年に「Pain of Mind」で初リリースを果たし、5作目の「Through Silver in Blood」を機に人気を集めるようになりました。 CONVERGEは1990年に結成されたアメリカ・マサチューセッツ州で結成されたマスコアバンドです。メンバーはJacob Bannon (ボーカル)とKurt Ballou (ギター)、Nate Newton (ベース)、Ben Koller (ドラム)の計4名になります。1994年にフルアルバム「Halo in a Haystack」をリリースし、それ以降は「Jane Doe」や「Axe to Fall」といった数々の作品を出しています。「leave them all behind 2019」は2019年2月14日より大阪でスタートし、翌日には名古屋で開催する予定です。さらに、2月16日にはENDONやSELF DECONSTRUCTIONも共演し、17日にはPALMとBLACK GANIONが加わりライブが行われます。

leave them all behind 2019の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/2/17()
  • 17:00
代官山UNIT

東京都

leave them all behind 2019
一日券、通しの後の入場です。Bの20番台です。
1枚のみ8,000円/枚
  • 2019/2/16()
  • 17:00
TSUTAYA O-EAST

東京都

leave them all behind 2019
チケット未発券のため整理番号不明です。プレオーダーで取りましたので、比較的良い番号だと思います。
1枚のみ7,000円/枚
  • 2019/2/16()
  • 17:00
TSUTAYA O-EAST

東京都

leave them all behind 2019
オールスタンディング 整理番号B 600番台
1枚のみ7,000円/枚

「leave them all behind(リーブレムオールビハインド) 2019」に出演するNEUROSISは、イギリスのTerrorizer誌で「過去20年間で最も影響力の高いバンド」と書かれたほどのバンドです。NEUROSISが奏でる音楽は、独自の世界観が伝わってくるような魅力があります。3枚目にリリースした「Souls At Zero」を機に、ポストメタルの型が世界で初めて作られたと言われるほどです。なお、それ以降は音の聖杯を掴むことを目標に、バンド活動に注力しています。CONVERGEはハードコアパンクとしての激しさがありながら、変拍子や曲展開が急に起こるのが魅力のバンドです。その魅力にとりつかれ、州を問わずアメリカでは多くのファンを獲得しています。また、ボーカルのJacob Bannonはデザイナーとして活動し、ギターのKurt Ballouは他のバンドの音源を手がけるなど、活動範囲を広げています。そんな2組のバンドが、2016年以降毎年ヨーロッパやアメリカでダブル・ヘッドライン・ツアーを開催し、たくさんの観客を盛り上げています。2019年のライブでは、これまで以上にパワフルなライブが期待できるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口