レイフ・オヴェ・アンスネスのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数154,628枚、本日の新着チケット数2,786

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

レイフ・オヴェ・アンスネスのコンサートチケット一覧

北欧を代表するピアニストとして知られるノルウェーのレイフ・オヴェ・アンスネスは、1970年にノルウェーのカルメイで生まれ、ベルゲン・グリーグ音楽院に入学し、チェコ人教授であるイルジ・フリンカに師事しました。1987年にフランクフルト・ヒンデミット・コンクールで優勝し、オスロでデビューを果たしています。コンクールでの優勝経験は、様々な賞を受賞する経験を持ち、欧州を中心に活躍をしているピアニストです。グリークを中心とした数多くのレパートリーを持つ彼の演奏が、2019年3月18日に、東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホールで聞けます。米国の新聞で威厳ある優美さや力強さを称えられた彼の演奏は、日本国内でも多くのファンを獲得してきました。日本だけではなく世界各国の交響楽団との競演も果たし、ソロ・リサイタルも実施しています。彼の演奏した国は27カ国108都市を数え、演奏回数は230回を越えました。彼の足跡を記録したドキュメントDVDも製作・リリースされています。

北欧を代表するピアニストの一人であるノルウェー出身のレイフ・オヴェ・アンスネスの魅力は、多彩なレパートリーや曲に対する洞察力の鋭さにあります。モーツァルトやベートーヴェン、ショパンといったメジャーな楽曲ばかりではありません。シベリウスのような、マイナーな楽曲の演奏もできることが挙げられています。また、ラフマニノフのような難局も軽々とこなす、実力の高さが魅力のひとつです。技巧派というわけではありませんが、技巧のすばらしさは世界でも高く評価されています。音にこだわりのある演奏を行うタイプで、聞いた人はこだわりのある音が耳について離れないという意見を述べる人もいるほどです。彼の演奏した国は27カ国108都市を数え、演奏回数は230回以上という驚異的な数字となっています。日本国内にも複数回来日しており、ファンは少なくありません。南米でもソロ・リサイタルを開催しており、世界中にファンが存在しているといえるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口