M-1グランプリのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

M-1グランプリのチケット一覧

M-1グランプリは、吉本興業主催による漫才のコンクールです。毎年12月に行われており、番組制作を大阪の朝日放送テレビが担当、テレビ朝日系列で放送されています。2001年に第1回大会が行われ、予選含め全1,603組が出場。初代優勝者は中川家でした。2010年、「大会を通じて、漫才が隅々まで広まった」という理由でいったん大会は終了し、2015年より復活。2010年までは「結成から10年以内」だった出場資格が、「15年以内」に変更となりました。以降、エントリー数は増え続け、2019年には5,040組を記録しています。 大会終了後にはM-1関連のライブが行われており、2020年1月11日(土)の福岡サンパレス公演より「M-1ツアースペシャル2020」がスタート。2019年優勝のミルクボーイをはじめ、大会を盛り上げた芸人たちが出演します。ほか、「準々決勝最下位決定戦」や「決勝体験ライブ~もう一つのファイナル 2019~」も行われます。

M-1グランプリの日程

すべての日程

M-1ツアースペシャル2020
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全93件 1-93件目

M-1グランプリのチケットを都道府県で探す








スター芸人への登竜門ともいえるM-1グランプリは、島田紳助の「漫才に恩返しをしたい」という思いから企画、創設されたコンテストです。当初は若手漫才師のコンクールと位置付け、結成10年以内のコンビを出場対象としていました。2001年からいったん大会が終了した2010年までの優勝者では、中川家、ますだおかだ、アンタッチャブル、笑い飯が結成10年目、ラストチャンスでの栄冠となりました。ほか、サンドウィッチマンやNON STYLEなど、現在も活躍中の数々の芸人を輩出してきました。大会が終了すると目標を見失う芸人が続出したこともあり、大会は2015年に復活。出場資格が「結成15年以内のコンビ」に変更になりましたが、この年に優勝したトレンディエンジェル、2016年の銀シャリ、2017年のとろサーモンはいずれも結成10年以上のコンビでした。一方、2018年には結成6年目の霜降り明星が史上最年少で王者に輝いています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート