mabanuaのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

mabanua(マバヌア)のライブ・コンサートチケット一覧

mabanua(マバヌア)は中学2年の頃からアコースティックギターでの弾き語りをはじめましたが、在学当時はメンバー不足からドラムを担当させられることが多かったので、ドラムがメインの楽器になりまた。その後転入した高校で、軽音楽部に所属し、キーボード、ギター、ベースを含めたすべての楽器を担当しました。その後も学校内外の様々なバンドを転々としました。そんな折に、都内で知り合ったベーシストからの誘いでバンドに加入し、その後mabanuaとしてソロ活動を始めました。mabanuaはドラマーの枠を超えてベースやギター、キーボード、歌だけではなく、プログラミングやアートワークまでこなすマルチクリエイターです。ちなみにmabanuaは本名のmanabuのアナグラムです。

mabanua(マバヌア)の日程

すべての日程

PEACE DAY 2019
LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY bonobos / mabanua
origami SAI
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

mabanua(マバヌア)のチケットを都道府県で探す

mabanua(マバヌア)に関するあれこれ

mabanua(マバヌア)は、音楽プロデュースだけでなく、シンガーやドラムス、更には様々な楽器を演奏するマルチプレイヤーです。mabanuaとは本人の本名のアナグラムで、中学生の頃から楽器を嗜んでおり、その頃にドラムを担当することが多く、その結果ドラムがメインの楽器になったとされています。2006年にベーシストからの誘いで、ギターを加え、Ovallのドラムとして音楽活動を行っていたものの、2008年にはソロ活動を開始し現在に至ります。様々な楽器が織りなす音楽は、枠に囚われることのない破天荒さと繊細さが同居しており、聞く人全てを魅了します。また国内だけでなく海外にも活動の手を広げていることから、彼の名前は知らずとも曲を知っている人は少なくありません。またアーティストとのコラボレーション楽曲も多く、様々な側面から彼の魅力を知ることができます。更にインディーズにおいても数々の楽曲を発表しており、手に入らないものも加えるとかなりの数の楽曲を生み出しています。また海外アーティストとも交流があり、アーティストの中には彼をフェイバリットアーティストとしている人も多いため、現在の音楽シーンの発展の一端を担ったといっても過言ではないでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口