前田亜季のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数152,814枚、本日の新着チケット数558

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

前田亜季のチケット一覧

前田亜季が、1985年7月11日東京都生まれ、日本の女優です。姉・愛とともに子役時代から活躍し、映画、テレビドラマ、舞台、CMと幅広く活躍しています。近年は、特に舞台で活躍していて、2019年2月からは舞台「プラトーノフ」に出演します。藤原竜也が演じる主人公・プラトーノフと4人の女性の愛が交錯する物語で、前田亜季は主人公の妻・サーシャを演じます。東京、富山、福岡、静岡、広島、大阪で上演されます。2017年に上演されたこまつ座公演「円生と志ん生」では一人5役を務め、2018年上演の法廷劇「TERROR テロ」では、観客が有罪無罪の評決を行うため、ステージ上では2通りの結末を準備する舞台に挑戦しました。また2018年「オセロー」では、初めてシェイクスピア作品に出演し、初めて新橋演舞場の舞台に立つなど、舞台女優としてまた大きく前進しました。2019年は、「プラトーノフ」に続いて、8月には東京・シアタークリエで上演される、日本初演の翻訳劇「ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊」に出演します。

前田亜季(まえだ・あき)は、1985年7月11日東京都生まれ、日本の女優です。六代目中村勘九郎の妻で女優の前田愛は実姉です。1992年、7歳のときに、タカラ「ミュー」のテレビコマーシャルでデビューしました。その後、フジテレビ「あっぱれさんま大先生」でテレビ番組に初出演し、NHK「天才てれびくん」にはレギュラー出演しました。映画デビューは、1995年の「トイレの花子さん」です。1998年には、姉とデュエットした曲「Don’t Cry」で歌手デビューしたほか、「学校の怪談G 食鬼」でテレビドラマ初主演を果たしました。子役として活躍する中、2000年には映画「バトル・ロワイヤル」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。テレビドラマでは、2011年の「新選組血風録」で土方に憧れる料亭の一人娘を演じ、2013年の連続テレビ小説「ごちそうさん」では主人公の親友を演じるなど、現代劇から時代劇まであらゆる役柄を演じられる女優として存在感があります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口