槇原敬之のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数184,348枚、本日の新着チケット数4,313

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

槇原敬之のチケット一覧

槇原敬之は、大阪出身のシンガーソングライターです。現在の所属レコード会社(レコードレーベル)はBuppuレーベルで、こちらは槇原敬之が設立した独自のレーベルです。公式ファンクラブは「Smile Dog」。こちらは、大の愛犬家としても有名な槇原らしいファンクラブ名となっています。
愛称はマッキーで、 1990年にシングル「NG」とアルバム「君が笑うとき君の胸が痛まないように」でメジャーデビューしました。1991年6月10日にリリースされた3枚目シングル「どんなときも」は大ヒットとなり、自身初のミリオンセラーとなりました。これにより、同年の第42回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしています。また、「どんなときも」は翌1992年の春の選抜高校野球入場行進曲にも選ばれました。
オリジナル曲は、ほぼ全曲の作詞、作曲、編曲を槇原自身がこなしています。楽曲制作については、「詞先」と呼ばれる、詞を先に作る方法を多用していることは有名です。作詞の題材は、主に日常の生活に起こる出来事や恋愛模様が中心で、本人曰く、「ライフソング」を多く発表しています。ミリオンヒットシングル「どんなときも」以降も「冬がはじまるよ」「もう恋なんてしない」「SPY」など数々のヒットソングを生み出しています。2003年に槇原敬之自身が作詞・作曲し、SMAPへ提供したシングル曲「世界に一つだけの花」はダブルミリオンを記録しています。 デビューから25年以上経った今でも、日本の音楽シーンの先端に立ち続けているシンガーソングライターと言えます。
2015年には20枚目のアルバム「Lovable People」を、2016年には47枚目シングル「理由」をリリースしました。現在、担当しているラジオ番組は「槇原敬之のWho cares?」(bayfm・日曜17:00~)。
また、2017年はMakihara Noriyuki Concert Tour 2017 “Believer”が、2018年3月~8月までにはMakihara Noriyuki Concert 2018 “TIME TRAVELING TOUR” 1st Seasonのツアー公演があります。

槇原敬之の日程

すべての日程

槇原敬之 Makihara Noriyuki Concert Tour 2018 TIME TRABELING TOUR 1st. Season
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全393件 1-100件目

槇原敬之のチケットを都道府県で探す







槇原敬之の魅力は、その類稀なるオリジナリティ。日常生活や自分の身近にある些細な恋愛ストーリーから、人生の指針ともとれるようなアンサーソングまで、実に幅広いテーマを彼オリジナルのセンスで歌い上げることができ、それが長年に亘って、世代を超えた人々に受け入れられている稀有な存在であるといえます。そのオリジナリティはもちろん、ステージでも遺憾なく発揮されており、それはステージプランや展開の巧さ以上に、彼が持つ天性のエンターテインメント性がライブを盛り上げているといえるでしょう。実際のステージで槇原敬之は、観客とステージを一体化させる大きな役割をになっています。ステージを会場中央に据え、バンドやオーケストラによる重厚かつノリの良いサウンドに乗せながら、観客と一緒に歌おうと様々な趣向を凝らします。それは決して狙ったものではなく、彼と観客の一体化がごく自然の流れによって生み出されるのです。その空間と時間を体感できる喜びが会場全体からあふれ出している、そんなステージは一見の価値ありです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口