マルセロ・アルバレスのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

マルセロ・アルバレスのコンサートチケット一覧

当代最高のテノール、ポスト“三大テノール”など絶大な評価を得ている、アルゼンチン出身のテノール歌手マルセロ・アルバレスの来日公演が、2019年2月7日(木)、東京オペラシティ コンサートホールで開催されます。30歳を過ぎてから本格的にテノール歌手を目指し、瞬く間に世界の一流歌手の仲間入りを果たしました。イタリア、フランスのオペラ・アリアから情熱的なタンゴまで幅広いレパートリーを艶やかな声で歌いあげ、メトロポリタン歌劇場、ウィーン国立歌劇場、ミラノスカラ座、ロイヤル・オペラ・ハウス、パリ国立オペラ座、バイエルン国立歌劇場、コロン劇場など、世界中の一流歌劇場ほぼすべてに出演し絶賛されています。東京公演では、カマル・カーンの指揮、東京ニューシティ管弦楽団の演奏のもと、プッチーニ作曲の歌劇「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”、プッチーニ作曲の歌劇「トスカ」より“星は光りぬ”、ジョルジュ・ビゼー作曲の歌劇「カルメン」より“花の歌”、ルッジェーロ・レオンカヴァッロ作曲の歌劇「道化師」より“衣装をつけろ”などが予定されています。

マルセロ・アルバレスの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/2/10()
  • 17:00
愛知県芸術劇場

愛知県

マルセロ・アルバレス スペシャル・コンサート
D席3階R1列1番から10番のうちの1枚
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/2/7()
  • 19:00
東京オペラシティ

東京都

マルセロ・アルバレス スペシャル・コンサート
S席・1階右ブロック6列~8列何れかの23番(中央寄りの通路側のお席)
1枚のみ25,000円/枚

マルセロ・アルバレスは、1962年アルゼンチン生まれのテノール歌手です。当代最高のテノール、ポスト“三大テノール”など絶大な評価を得ています。幼少の頃から音楽教育を受けるも、大学卒業後は家業の家具工場でマネージャーとして働いていましたが、その生来の美声を埋もれさせるのは残念と、30歳を過ぎてからようやくオペラの道を本格的に志します。オーディションに落ちてばかりだった1995年、偉大なるテノール歌手、ジュセッペ・ステファーノの目にとまり、勧められてイタリアへの移住。そのわずか1週間後にコンクールに優勝し、1ヵ月には劇場と契約、そしてその年にはベネチアのフェニーチェ劇場の「夢遊病の女」でデビューしました。瞬く間に世界の一流歌手の仲間入りを果たし、以来、南北アメリカ、ヨーロッパと一流のオペラハウスから迎えられ活躍しています。1998年にはアルバム「Bel canto」でデビューを飾り、その後も多数のCDをリリースしています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口