19/9/1(日) 17:00 ZOZOマリンスタジアム(千葉マリンスタジアム)の開催 千葉ロッテマリーンズのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,913枚、本日の新着チケット数1,755

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

千葉ロッテマリーンズ VSオリックス・バファローズ 2019
19/09/01(日) vs オ ZOZOマリンスタジアム(千葉マリンスタジアム)

会場情報

千葉ロッテマリーンズは1950年度に創設された、パシフィック・リーグに所属する日本のプロ野球球団です。球団の歴史の中で、東京、宮城、神奈川とフランチャイズの変遷を経ており、1992年からは、「千葉マリンスタジアム」として知られる千葉県美浜区のQVCマリンフィールド(ネーミングライツをQVCジャパン社が取得し2011年3月から呼称)を本拠地としています。また、二軍(イースタン・リーグ所属)は埼玉県さいたま市南区にあるロッテ浦和球場を本拠地としています。「マリーンズ」という愛称は本拠地が千葉県となってからの1992年からであり、それ以前は「オリオンズ」という愛称で親しまれていました。母体企業も毎日新聞社(毎日オリオンズ)、大日本映画製作株式会社(大映オリオンズ)、ロッテホールディングス(ロッテオリオンズ)と変わってきた歴史を持ちます。運営母体であるロッテホールディングスは日本の大手製菓メーカーとして知られていますが、創業者の出身地である韓国でもロッテブランドでの事業展開が盛んで、韓国のプロ野球チーム「ロッテ・ジャイアンツ」のオーナーとなっています。球団の応援歌は、オリオンズ時代の「わがオリオンズ」、マリーンズ時代になってからの「We Love Marines」の二種類が使用されてきた歴史があります。また、現在のマスコットキャラクターはカモメがモチーフの「マーくん」で、オーナーを同じくする韓国のロッテジャイアンツにも、このマーくんと似たマスコットキャラクターが存在しています。その歴史の中で拠点となる地を転々としてきた千葉ロッテマリーンズは、他球団と比べるとファンの総数が少ないと言われていますが、地域密着型のマーケティングや自主性の高い運営で、ここ数年で売上げを大きく伸ばして注目されてきました。ファンの熱い応援風景も話題になっていて、ファン同士の結束が固いことでも知られています。球団とファンの協力体制も深く、それを評価して「マリーンズサポーター」という呼称が用いられることもあります。千葉ロッテマリーンズはチーム実績としては安定して中堅程度の成績を誇っており、リーグ3位から逆転の日本一を達成した経験もあるなど、大きな可能性を秘めたチームとして評価されています。 2019年は多くの外国人選手や、藤岡裕大や安田尚大といった若手選手の活躍に注目が集まっています。

千葉ロッテマリーンズの日程

すべての日程

千葉ロッテマリーンズVS埼玉西武ライオンズ 2019
千葉ロッテマリーンズVS北海道日本ハムファイターズ 2019
千葉ロッテマリーンズVSオリックス・バファローズ 2019
千葉ロッテマリーンズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2019
千葉ロッテマリーンズVS福岡ソフトバンクホークス 2019
千葉ロッテマリーンズVS阪神タイガース 2019
千葉ロッテマリーンズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
千葉ロッテマリーンズVS中日ドラゴンズ 2019
東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ 2019
オリックス・バファローズVS千葉ロッテマリーンズ 2019
埼玉西武ライオンズ VS千葉ロッテマリーンズ 2019
福岡ソフトバンクホークスVS千葉ロッテマリーンズ 2019
北海道日本ハムファイターズ VS千葉ロッテマリーンズ 2019
読売ジャイアンツVS千葉ロッテマリーンズ 2019
広島東洋カープVS千葉ロッテマリーンズ 2019
東京ヤクルトスワローズVS千葉ロッテマリーンズ 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

千葉ロッテマリーンズのチケットを都道府県で探す







千葉ロッテマリーンズは、千葉県美浜区のQVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)を本拠地とするパ・リーグ所属のプロ野球球団です。創設は1950年で、当初は東京を拠点に毎日新聞社を母体とした「毎日オリオンズ」として活動をスタートしました。その後は母体企業と本拠地の変遷が何度かあり、1969年にロッテが母体となり、1992年に名称が現在の「千葉ロッテマリーンズ」になりました。 拠点を移動させながら運営してきたことで他の球団と比べるとファン数が少ないと言われていますが、ホーム千葉に深く根付いた活動や、ファンと深く連携する運営スタイルによって、ファンの盛りあがり的にも収益的にもここ最近で大きな伸びを見せている球団のひとつとなっています。 これまでリーグ優勝5回、日本一に4回輝いています。ここ10年ほどの活躍は目立つものがあり、特に2010年にはリーグ3位から下剋上的に日本一に輝くなど、目ざましい成績を残してプロ野球ファンを驚かせました。12球団の中では実力は中堅程度ですが、確かな安定感で着実に注目を集め続けている球団と言えます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口