チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

千葉ロッテマリーンズ 東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ 2020
20/04/01(水) vs ロ 楽天生命パーク宮城

会場情報
Title resale service marines

20/4/1(水) 14:00 千葉ロッテマリーンズ 楽天生命パーク宮城のチケットの一覧です。その他にも12都道府県135公演のアーティストのチケットを取り扱っています。

千葉ロッテマリーンズの日程

すべての日程

千葉ロッテマリーンズVS北海道日本ハムファイターズ 2020
千葉ロッテマリーンズVS福岡ソフトバンクホークス 2020
千葉ロッテマリーンズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
千葉ロッテマリーンズVSオリックス・バファローズ 2020
千葉ロッテマリーンズVS埼玉西武ライオンズ 2020
千葉ロッテマリーンズVS広島東洋カープ2020
千葉ロッテマリーンズVS東京ヤクルトスワローズ 2020
千葉ロッテマリーンズVS読売ジャイアンツ2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ 2020
オリックス・バファローズVS千葉ロッテマリーンズ 2020
北海道日本ハムファイターズ VS千葉ロッテマリーンズ 2020
埼玉西武ライオンズ VS千葉ロッテマリーンズ 2020
福岡ソフトバンクホークスVS千葉ロッテマリーンズ 2020
阪神タイガースVS千葉ロッテマリーンズ2020
中日ドラゴンズVS千葉ロッテマリーンズ 2020
横浜DeNAベイスターズVS千葉ロッテマリーンズ 2020
席種
イーグルス-楽天生命パーク宮城
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ 2020

    • 楽天生命パーク宮城(宮城県)
    • 1階バックネット裏◆プレステージエキサイト◆ バックネット裏2列目60番台。 専用ラウンジにてブュッフェ式サービスをご利用いただけます。(フリーフード・フリードリンク) 試合中止の際にはお取引価格の90%を返金対応致します。

      • 名義なし
      • シーズンチケット
      • 15,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 1
    • 4
    • 即決東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ 2020

    • 楽天生命パーク宮城(宮城県)
    • その他内野席1塁側中央 3列 51~58番台 ※中止の際は予備券をお使い頂けますようお願いいたします。

      • 名義なし
      • シーズンチケット
      • 40%off
      • 2,600円/枚
      • 4,300円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 1
    • 4
    • 即決東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ 2020

    • 楽天生命パーク宮城(宮城県)
    • その他VIPシートで4月1日(火)ロッテ戦1塁側VIPシート最前列の席1枚です。試合開始は午後2時です。 1日のVIPシートの値段は9000円の設定に成っています。 VIPシートの前に、4列プレステージダグアウトの席が有りますので、5列目の席になります。 予備券もいっしょに送りますので中止の時はそちらのチケットをご使用ください。 VIPシート最前列の席なので、前が広く空いていますので、他の方の出入りにも気をつかいません。 ベンチの上に成りますので、ビジターの選...

      • 名義なし
      • 主催者
      • 4,500円/枚
    • 1枚のみ
    • 8
    • 2
全3件 1-3件目

千葉ロッテマリーンズのチケットを都道府県で探す








千葉ロッテマリーンズはパ・リーグに所属するプロ野球球団です。千葉県美浜区のZOZOマリンスタジアムを本拠地としています。創設は1950年、当初は東京を拠点に毎日新聞社を親会社とする「毎日オリオンズ」としてスタートしました。当時のリーグ拡大の流れに乗って日本野球連盟に加盟を申請するも、ライバル会社の反発を受け交渉は決裂に終わります。最終的に毎日オリオンズ加盟賛成派の7球団からなる太平洋野球連盟(現パシフィックリーグ)が結成の運びとなりました。一方、反対派8球団はセントラル野球連盟(現セントラルリーグ)を結成するに至り、この騒動が現在のプロ野球2リーグ化のきっかけとなったのです。その後数回の親会社の変更・合併、拠点変更に伴い、「毎日大映オリオンズ」「東京オリオンズ」「ロッテオリオンズ」と名称変更が行われました。1991年、専用球場が千葉マリンスタジアムに決定したことを受け、現在の千葉ロッテマリーンズが誕生します。これまで日本1に4回、リーグ優勝5回、セパ交流戦優勝2回に輝いており、Aクラスにも頻繁に食い込む安定感と存在感を持ったチームです。熱狂的なファンが数多く存在することでも知られており、地元ZOZOマリンスタジアムのみならず他球場でも、マリーンズ側ベンチは最高潮の盛り上がりを見せています。球団側も地元ファンの想いに応えるべく、地域に密着したイベントの開催や、地域貢献を積極的に行っている球団です。実力を持った若手選手の層が厚く、将来的な更なる成長を期待するファンの声も多い特徴があります。今後もエース石川渉の復活劇や、井上晴哉、ブランドン・レアード両選手を中心とした豪快な1発に期待出来る打線にファンの注目が集まっています。なお、千葉ロッテマリーンズのマスコットキャラクターは「マーくん」「リーンちゃん」「ズーちゃん」です。ユニフォーム姿の3匹が、チームの勝利を盛り上げます。さらに、「謎の魚」というマスコットも存在。幕張の海にすむ謎の魚という設定で、2018年5月に初お披露目となりました。他球団のマスコットキャラクターとは一線を画す、キモカワ路線のマスコットがファンを驚愕させています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート