チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

秋川雅史のコンサートチケット一覧

秋川雅史は日本のテノール歌手で、幼少の頃よりヴァイオリンやピアノを習っていたそうです。お父さん自身も声楽家のお家で、中学生の時よりそのお父さんの指導の下声楽の道を志し始めたそうです。その後俗に国音と呼ばれる音楽大学に進学し、大学院修了後に南欧に4年間修行に行かれた様です。その後帰国し、帰国後は様々なコンサートに出演したり国際コンクールなどで賞を獲得します。2001年に大手レコード会社からテノール歌手としてデビューし、1stアルバムであるパッシオーネ~復活の歌声をリリースします。2006年にカバー曲である千の風にのってが大ヒットし、その年の紅白に初出場を果たします。ジャンルとしてはクラシカルクロスオーバーと呼ばれるクラシック音楽とポピュラー音楽のクロスオーバーしたsoundで2014年には初のベストアルバムもリリースされます。

秋川雅史の日程

すべての日程

秋川雅史 クラシック・コンサート 2020
秋川雅史コンサート 聴いてよく分かるクラシック 2 2020年

秋川雅史のチケットを都道府県で探す

秋川雅史の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/8/17()
  • 13:00
サントリーホール

東京都

秋川雅史コンサート 聴いてよく分かるクラシック
2階 LB 1列 1番~6番の間(番号は確定済みです) 2連番(バラ売り可)。
2枚連番(バラ売可)12,000円/枚

秋川雅史コンサートツアー

端正なマスクに包み込むようなテノールの声。「千の風になって」で紅白に出演した秋川雅史のコンサートツアー~夢の架け橋~は、7月26日NHK大阪ホールの最終公演に向けてクライマックスを迎えています。5月24日の千葉市民会館、6月12日東京国際フォーラムホールC、7月13日埼玉県鴻巣市文化センターの合計4公演を残すのみとなったこのツアーは、クラッシックから童謡、歌謡曲まで誰もが親しんだ名曲の数々から構成されています。クラッシックの枠を超えて幅広い層にファンを持つ彼の今年前半のコンサートの集大成です。コンサート以外の活動ではオペラ「カルメン」は、ファンなら見逃すわけにはいかないパフォーマンスです。テノール歌手としての彼の真骨頂を華やかな衣装や舞台と共に楽しめる数少ないチャンスです。8月20日新国立劇場オペラパレスでの公演も決まっています。暑い夏の夜、秋川ワールドにどっぷりと浸かってください。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート