内博貴主演 まさに世界の終わりのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数178,288枚、本日の新着チケット数843

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

内博貴主演 まさに世界の終わりのチケット一覧

内博貴主演の舞台『まさに世界の終わり』は、9月22日~24日、兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、10月4日に愛知・名古屋市芸術創造センター、10月6日に神奈川・藤沢市民会館大ホール、10月13日から11月6日のあいだ東京・表参道のDDD青山クロスシアターにて上演されます。『まさに世界の終わり』は1995年に38歳でこの世を去った劇作家のジャンリュックラガラスが1990年、34歳のとき不在の病を患い家族に病を打ち明けられず言い争いをしていた当時の自身の様子が会話劇として描かれています。そして、今回の舞台で主演をつとめるのはジャニーズ事務所所属で舞台・ミュージカルを中心に活躍している内田貴です。その他の出演者には元宝塚歌劇団トップスターの大空ゆうひ、那須佐代子、鍛治直人、島ゆいかなどです。翻訳は齋藤公一、演出、台本作は俳優私塾POLYPHONIという俳優塾などもしている石丸ちさ子がつとめます。

内博貴主演 まさに世界の終わりの日程

すべての日程

内博貴主演 まさに世界の終わり
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全32件 1-32件目

内博貴主演 まさに世界の終わりのチケットを都道府県で探す

内博貴主演の舞台『まさに世界の終わり』は、9月22日から11月6日のあいだ兵庫、愛知、神奈川、東京の各地にて上演されます。「まさに世界の終わり」は2016年には「たかが世界の終わり」としてフランスの若き天才グザヴィエ・ドラン監督により映画化され第69回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞しています。1995年に38歳で亡くなった劇作家ジャンリュックラガルスが34歳のときの不治の病に侵され苦しむ自身の日々を描いたもので家族の姿、家族とは何かを問いかける会話劇となっています。主演のルイ役には内田貴がつとめ、舞台・ミュージカルで活躍する内田にとって2016年の「グレイト・ギャツビー」以来2年ぶりの主演舞台となり、「今回の作品は、会話劇というそれならではの難しさもあるが、共演者の方々と良い化学反応を起こし楽しむながら演じたい」といったコメントをしています。東京のDDD青山クロスシアターでの公演は非常に近い距離間で芝居を見ることが可能となっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口