眞島秀和のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,187枚、本日の新着チケット数8

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

眞島秀和のチケット一覧

眞島秀和(ましまひでかず)は、1976年山形県生まれ、日本の俳優です。1999年の映画「青~chong~」で主演デビューし、映画には2004年「血と骨」、2005年「心中エレジー」、2007年「HERO」、2017年「愚行録」、2018年「もんちゃん」など、テレビドラマでは2010年NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」、2012年・2013年「遺留捜査」、2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、2015年「ようこそわが家へ」、2016年「僕のヤバイ妻」、2018年「おっさんずラブ」、などに出演し、2018年11月にはNHKBSプレミアムで主演ドラマ「カラスになったおれは地上の世界をみおろした。」が放送されます。舞台には、2014年「ボクの妻と結婚してください。」、2015年「現代能楽集VIII『道玄坂綺譚』」、2018年「ザ・空気ver.2誰も書いてはならぬ」などに出演。2019年2月からは、栗山民也演出によるイギリスの社会派現代戯曲の舞台「CHIMERICA チャイメリカ」への出演が決まっています。

眞島秀和(ましまひでかず)は、1976年11月13日山形県生まれ、日本の俳優です。1999年の映画「青~chong~」で主演デビューし、以後テレビ、映画、舞台で活躍を続けています。映画には2004年「血と骨」、2005年「心中エレジー」、2007年「HERO」、2013年「草原の椅子」、2017年「愚行録」、「心に吹く風」、2018年「もんちゃん」など、テレビドラマには、2010年NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の編集者役で出演し注目されたほか、2007年「海峡」、2012年「Answer~警視庁検査捜査官」、2012年・2013年「遺留捜査」、2015年「ようこそわが家へ」、2016年「僕のヤバイ妻」、2018年「おっさんずラブ」、またNHK大河ドラマでは2009年「天地人」、2014年「軍師官兵衛」に出演しました。舞台には、2014年「ボクの妻と結婚してください。」、2015年「現代能楽集VIII『道玄坂綺譚』」、2018年「ザ・空気ver.2誰も書いてはならぬ」などに出演しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口