チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

MASS OF THE FERMENTING DREGSのライブ・コンサートチケット一覧

MASS OF THE FERMENTING DREGSは、EMIミュージックジャパンに所属しているオルタナティヴロックバンドです。メンバーは、メンバーチェンジを経て、ベース、ボーカル担当の宮本菜津子、ギター、コーラス担当の小倉直也、ドラム、コーラス担当の吉野 功の3人編成となります。 2002年に兵庫県神戸にて、宮本菜津子を中心に結成されました。2007年には、EMIミュージックジャパン主催のオーディションで最優秀アーティストに選ばれ、7月には、FUJI ROCKに出演しました。2008年1月には、初アルバムの「MASS OF THE FERMENTING DREGS」をリリースしました。2009年には、「ワールドイズユアーズ」、2010年には、「ゼロコンマ、色とりどりの世界」をリリースしています。2012年9月から活動停止になり、2015年12月に再始動ライブを行いました。その後、2017年3月に、再始動後に「スローモーション リプレイ」、2018年7月「No New World」をFLAKE RECORDSよりリリースしました。 今後の活動として、8月12日神戸HELLUVA LOUNGE、8月26日出雲APOLLO 、9月8日名古屋ハックフィン、9月9日横浜関内B.B.STREETを予定しています

MASS OF THE FERMENTING DREGSの日程

すべての日程

MASS OF THE FERMENTING DREGS 視界をクリアに
ええじゃないか歌舞伎町スペシャル
CONNECT歌舞伎町2020 5th Anniversary

MASS OF THE FERMENTING DREGSのチケットを都道府県で探す

MASS OF THE FERMENTING DREGSの名前は、ゴミやクズの様に利用価値のないものという意味を持っていて、退廃的なイメージを持たせています。これは、宮本菜津子が書き綴っている叙情的な詩の持つ意味ようにつかみどころがなく、バンド名にピッタリといえます。MASS OF THE FERMENTING DREGSのサウンドは、荒涼感と躍動感のある特徴的な大音量で弾くギターが特徴的で目を惹きますが、演奏を支えているドラム、ベースは、安定したリズムを作りだしていて、その実力は一級品です。そして、この演奏に重なり合い、融合していくような伸びやかで透明感のある宮本菜津子の歌声は心地良く聴こえます。ライブパフォーマンスは、MASS OF THE FERMENTING DREGSの音楽性からみても非常に迫力があって、宮本菜津子が完全燃焼する姿は観ている人々を魅了し、感動を与えます。全国的を回ってライブを開催する予定もあるなど、今後の活躍が期待されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート