マチカドラマのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

マチカドラマのライブ・コンサートチケット一覧

マチカドラマは、ヴォーカルとギターを担当する萩原忠昭とドラムス担当のミトミを中心に2014年に結成されました。当初はハッピーエンドというバンド名でしたが、2017年5月にサポートベースのタクオが正式加入したことでマチカドラマに改められます。結成以降精力的に活動を続けており、初期にリリースした無料音源については限定数の1000枚の配布を達成しました。ファーストシングル「ハッピーエンドの始め方」のツアーでは全国20箇所を巡り、その存在感をアピールしています。無料配布音源のみでCDが流通していないにもかかわらずミュージックビデオの再生回数が2万回を超えるなど、これまでにない活動形態が注目を集めています。また、地元の新潟をベースに活動するというユニークなスタイルも評価されています。メンバー自らがバンドの音楽を「おすそわけロック」と称していることからわかる通り、好きな人に聴かせたくなるようなメロディラインを持ち味とするバンドです。

マチカドラマは、2014年結成のバンド「ハッピーエンド」が前身です。2017年5月にサポートベースのタクオが正式に加入し、バンド名が「マチカドラマ」に改名されました。流通音源が無い状況下で、MVの再生回数2万回超えを果たしています。その後、KIZUNA RECORDSへ所属し、2017年に1stミニアルバムがリリースされました。Vo/Gtの萩原忠昭は趣味がエゴサーチというほど、SNSにはまっています。ハッピーエンドから改名したのも、エゴサーチがやりづらいからと述べています。単に趣味としてSNSをしているのではなく、バンドや音楽に対する反応を知りたい為でもあります。「マチカドラマ」の由来は「街角でのドラマ」で、全部がハッピーエンドなって欲しい想いが込められています。ハッピーエンド時代のCDも売れ続けており、根強いファンが増えていることを証しているといえます。その「恋」はマチカドラマでも演奏され、代表曲となっているわけです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口