松井誠のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

松井誠のライブ・コンサートチケット一覧

松井誠(まついまこと)は福岡県大牟田市出身の俳優です。1960年4月8日生まれでAB型。松井千恵子一座の子供として生まれ0歳から舞台に出演しており現在も活動しています。中学卒業と同時に家出し新宿歌舞伎町で2年ほど水商売の仕事に就きますが18歳の頃、劇団員が減って困っていた両親に親孝行のつもりで九州に帰り舞台に立ち人気となります。当時は肥後の杉良や生きる博多人形とも称されていました。25歳の頃に借金をし劇団誠を団長として立ち上げ、幾つもの苦労を重ね「歌舞伎よりも美しく、吉本よりも面白く、新派よりもせつなくありたい」という大衆娯楽劇のステージを作り上げました。1998年の大劇場の公演でその芸量が認められ、山田五十鈴丈に芸能上の養子として迎えられます。そして2000年には大劇場の座長を務めました。長谷川一夫の再来と称されており、歌舞伎界や日本舞踊界から一目置かれる役者として、成長し続けている役者です。

松井誠は、大衆演劇のみならずテレビや舞台で活躍している俳優です。生まれてすぐに初舞台を踏んだという芸歴は、舞踊を代表とする彼の芸に反映されています。特に目を引くのは、女形の艶やかさです。その美しさを評し、生きる博多人形と例えられることもある程です。芝居あり歌ありの松井の舞台はエンターテインメントの宝庫で、劇場は毎回多くの観客で埋め尽くされます。色気ある伊達男姿で粋な芝居を演じたかと思えば、華やかな着物に身を包んだ女形で舞台上に現れます。めくるめく七変化は、松井誠の独壇場です。自ら創設した新舞踊の家元というだけあって、その舞は絶品です。また、この舞台の演出や脚本も全て松井によるものです。振り付けも松井自身が手がけており、観客を楽しませるように計算され尽くした舞台は、毎回多くのファンを魅了しています。第一部の人情芝居に涙を流し、第二部の舞踊ショーで華麗な舞に酔いしれる、そんな松井の舞台は大衆演劇初心者でも楽しめる夢舞台です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口