松川ケイスケのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

松川ケイスケ(LACCO TOWER)のライブ・コンサートチケット一覧

松川ケイスケが、音楽活動を始めたのは2001年で、ZeppTokyoというバンドでライブ成功させ一躍有名になりました。その後、ZeppTokyoの活動に終止符を打ち、LACCOTOWERの活動を2002年からスタートさせました。LACCOTOWERは5人組で、松川ケイスケはボーカリストを担当しています。また作詞も担当していて、バンドの世界観を作り出しているといっても過言ではありません。 主なアルバムには、2017年にリリースされた「遥」があります。収録曲には、これまでお世話になってきた群馬への地元愛を、地域に密着し、地域とともに歩んできたサッカーチーム「ザスパクサツ群馬」への応援ソングとして作られた「火花」などがあります。また、フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」のエンディング主題歌「遥」も収録されており、聴き応えのある内容となっています。 現在、「松川ケイスケと真一ジェット 名うての唄ひ手」のツアーを控えており、2019年3月3日の東京を皮切りに4月までに大阪・宮城・群馬で公演の予定です。

松川ケイスケ(LACCO TOWER)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/4/27()
  • 18:30
高崎シティギャラリー コアホール

群馬県

松川ケイスケと真一ジェット 名うての唄ひ手
1階6列20番台後半
1枚のみ3,500円/枚
  • 2019/4/7()
  • 18:30
仙台MACANA

宮城県

松川ケイスケと真一ジェット 名うての唄ひ手
整理番号5~15番の間 ソールドアウトのため貴重な1枚になります。仕事で行けなくなったため、やむを得ず出品します。
1枚のみ9,700円/枚

松川ケイスケの魅力は、なんといってもその世界観です。松川さんの作詞は、LACCOTOWER結成当初から、日本語の歌詞と感じのタイトルにこだわり、他のバンドが英語を使う中、一線を画しています。 松川は、雑誌のコメントやブログなどで自身の文学好きを紹介し、子供の頃は読書にふけっていたことなどを話されています。そんな松川の描く、文学的で切ない日本語の歌詞とバンドの重みのあるサウンドの絶妙なバランスは、聞く人の心をひきつけます。ロックサウンドに少し抵抗がある方でも、歌詞の心地よさにきっと関心を持つでしょう。 松川はtwitterで、「自分の事は好きではないけれども、それではそんな自分を好きでいてくれる人に失礼」と、TVでコメントした有村藍里さんのコメントを引き合いにし、自分自身と重ね合わせて、コメントをするなど、飾らない姿がファンの共感を生みました。日々ぎりぎりという言葉からは、満身や現状への過信はなく、あくまでも初心を忘れずにあるき続ける姿を見て取れます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口