チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

松前ひろ子のコンサートチケット一覧

松前ひろ子は、日本の演歌歌手です。本名は中村弘子です。北海道上磯郡出身、1月28日生まれ。趣味は相撲観戦や骨董品収集などです。演歌歌手の北島三郎は従兄にあたり、北島三郎との交流をきっかけに1969年に「さいはての恋」でプロ歌手としてデビューしました。1991年発売の「初孫」や1995年発売の「夫婦草」などがヒット曲として知られています。2005年より山口県萩市の観光大使を担当、これをきっかけとして2011年には萩市を舞台にした曲「萩みれん」を発売しました。2008年には「国東半島」を発売、後日、大分県国東市から観光親善大使に任命されています。2010年、デビュー40周年記念となる「まさか」を発売、2014年には45周年記念曲である「知床情話」と「夢」を発売しています。実在の土地を舞台とした曲を歌う例がよくあり、近年では「銀座小路」や「挽歌の岬」(函館にある立待岬が舞台)などが代表例です。

松前ひろ子は、北海道上磯郡知内町出身の演歌歌手です。藤あや子の「むらさき雨情」の作曲を手がけた中村典正を夫に持ち、演歌界の大御所として君臨する北島三郎は従兄にあたります。また、若手演歌歌手として注目を集める三山ひろしは、弟子であり愛娘の婿でもあります。若い頃は歌手を夢見て家出する程の情熱家で、歌の才能とたゆまぬ努力が認められ1969年に念願のデビューを果たします。程なくして交通事故の影響で表舞台から遠ざかるものの、懸命のリハビリを経て8年後に再デビューしました。「祝いしぐれ」や「初孫」などのヒットは、彼女の地道なキャンペーンが実を結んだものです。その他、「夫婦草」や「浮草慕情」などカラオケで親しまれる名曲もあります。「国東半島」や「萩みれん」などのご当地ソングも好評で、その土地の観光大使を務めた経験も持ちます。歌手としての活動の傍らオリジナル着物の創作やジュエリーデザインも行っており、同時に日本舞踊や琴を嗜む多才さも彼女の魅力です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート