神田松之丞のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

神田松之丞のチケット一覧

神田松之丞は、日本講談協会および落語芸術協会に所属している新進気鋭の講談師です。まだ二ツ目でありながら、数百人規模の独演会を満員にするなど人気のある講談師の一人となっています。2007年に3代目松田松鯉に入門し、2012年に二ツ目に昇進をしました。その後2015年には「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝、2016年には花形演芸大賞で銀賞を受賞しています。テレビやラジオにも出演しており、書籍やCD、DVDなども販売しています。特にラジオでは、自分の身に起こった出来事や、高座での失敗談などを愚痴るというスタイルで人気があり、ある意味で落語以上に落語っぽい笑える話を聞くことができます。講談では、右手に竹と和紙で作った扇を持っており、それで机をたたきながら語る姿が特徴的です。普通の人にはなじみの薄い講談をエンターテインメント仕立てにして、初めて聞く人でも楽しむことができるように工夫されています。2019年8月現在、TBSラジオ「神田松之丞 問わず語りの松之丞」、テレビ朝日「太田松之丞」(「お願い!ランキング」内)にレギュラー出演しています。6月にラジオ番組のイベントが東京・サンリオピューロランドで開催された際には、書き下ろし講談「ハローキティ一代記」を披露したほか、サンリオ監修によるキャラクターグッズ「みんなのまつのじょう」が発売されました。2018年12月28日には、2020年2月の真打昇進が落語芸術協会から正式に発表されました。先輩9人を抜いての抜擢で、真打昇進時に、神田派の大名跡「伯山」(はくざん)六代目を襲名することも決まり、ますますの活躍が期待されます。

神田松之丞の日程

すべての日程

講談社創業110周年記念企画 講談えほん シリーズ刊行記念 講談えほんの会
ふじ寄席 柳家喬太郎・桃月庵白酒・神田松之丞
神田松之丞 講談漫遊記 vol.3
九州市民大学第33期講座 講談漫遊記 番外編
神田松之丞「二ツ目時代」独演会
神田松之丞 独演会
明治座 浜町寄席 話芸三昧 喋る・唸る・語る
神田松之丞出演 渋谷らくご
大成金2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全64件 1-64件目

神田松之丞のチケットを都道府県で探す







神田松之丞(かんだ・まつのじょう)は、1983(昭和58)年6月4日東京都豊島区生まれ、本名は古舘克彦、日本で活躍する講談師です。日本講談協会、落語芸術協会に所属しています。高校時代より落語や講談、浪曲を聴き始め、2007年、三代目神田松鯉に入門し、2012年、二ツ目昇進しました。独演会のチケットが即日完売になるなど、気鋭の講談師として注目され“講談会の風雲児”と言われます。著書「絶滅危惧職、講談師を生きる」(新潮社)、「神田松之丞 講談入門」(河出書房新社)の他、CDやDVDも発表しています。「連続物」と言われる、宮本武蔵全17席、慶安太平記全19席、村井長庵全12席、天保水滸伝、天明白浪伝全、畔倉重四郎などや「端物」と言われる数々の読み物を異例の早さで継承しました。持ちネタの数は10年で130を超え、講談普及の先頭に立つ活躍をしている。2019年は、日本芸術文化振興会の「平成30年度花形演芸大賞」金賞を受賞。2018年12月28日には、2020年2月の真打昇進が落語芸術協会から正式に発表されました。先輩9人を抜いての抜擢で、真打昇進時に、神田派の大名跡「伯山」(はくざん)六代目を襲名することも決まり、ますますの活躍が期待されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口