松谷卓のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数172,106枚、本日の新着チケット数1,100

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

松谷卓のコンサートチケット一覧

松谷卓は1979年静岡生まれの作・編曲家でありピアニストです。1998年「Epoch1./Platform」でプロデビューしました。テレビ番組の「大改造!!劇的ピフォーアフター」の楽曲「Before After」が大ヒットし、その後映画「いま、会いにゆきます」や「のだめカンタービレ」などの作・編曲を手がけるなどテレビや映画などで耳にすることが多くなりました。2013年にはT.M.Revolutionのセルフカバーベストアルバム「UNDER:COVER2」にアレンジャーとして参加するなど、参加する楽曲はクラッシクだけではなくJ-POPなどにまでおよびます。2014年には、BS-TBS「おとなの修学旅行」のオープニング・エンディング曲を担当するなど、現在でも幅広い活動を行っています。

松谷卓の作品紹介とその魅力について

松谷卓は1979年生まれで静岡県出身のピアニストです。5歳よりピアノと日本舞踊を習い始め、中学時代にはシンセサイザーを扱い始めました。その後、東京芸術大学受験で不合格になったことを機に、独学でプロの道を目指し努力してきました。19歳の時にアルバム「エポック・プラットフォーム」でデビュー。それからはCM音楽、TV番組の音楽、劇番音楽などの作編曲を次々と手がけてきました。中でも彼を一躍有名にしたのは、2002年にテレビ番組の「大改造・劇的ビフォーアフター」で使われた「TAKUMI/匠」という曲です。リフォーム後の家を紹介する際に流れるこの曲は、彼の名前を知らなくてもこの番組と言えばこの曲だと思うくらいに有名になりました。この曲が癒し系の曲を集めた「image」にも収録され、バイオリニストの葉加瀬太郎やゴンチチなどが参加する「live image」にも出演するようになりました。彼は他にも「神様のカルテ」、「僕らがいた」「いま会いにゆきます」といった映画やアニメ版「のだめカンタービレ」などのサウンドトラックを数多く手がけており、TVだけでなく映画でも知らない間に彼の音楽に多く触れているのです。サウンドトラック以外にもオリジナルのアルバムを6枚リリースしています。これまで手がけたサウンドトラックなどから癒し系の優しいイメージの曲ばかりを作曲しているように見えますが、シンセサイザーを扱っていたこともあり、ピアノとシンセサイザーの打ち込み(デジタル音やリズム)を合わせた曲もあります。スーパーJチャンネルという番組で流れていた「Stargazer」という曲は、タイトル通り星が次々に流れ、それを夢中で見る人を表現したものになっています。彼の曲に触れる機会は多くても、彼のピアノを演奏する姿を見たことがない方は多いのではないでしょうか。金髪の外見からはピアニストっぽくないように見えるかもしれませんが、彼が弾くピアノの音は柔らかく聴く人の心の中にすっと溶け込むような時もあれば、少し硬くキラキラした音を奏でたりと、作編曲家ならではの演奏が特徴的です。コンサートではその音の違い、雰囲気を耳だけでなく全身で感じ取ることができるのではないかと思います。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口