松山バレエ団のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

松山バレエ団のコンサートチケット一覧

松山バレエ団は1948年(昭和23年)1月、現・名誉団長の清水正夫、現・名誉芸術監督、松山樹子によって創立されました。発足当初から古典バレエの創造的上演と、現代バレエの新たな創造をコンセプトとして活動を続けており、数多くの作品を生み出し、国内はもとより海外に向けても積極的に公演を行ってきました。現在、総代表である清水哲太郎は、清水正夫と松山樹子の長男であり、団長・森下洋子は清水哲太郎の妻でもあります。1993年(平成5年)の創立45周年には、記念公演『グラン・ガラ』、1994年(平成6年)には清水哲太郎演出・振付で初演した新演出『白鳥の湖』が大好評を博しました。2018年の注目公演は、8月16・18・19日「夏休みスペシャル公演」、9月16日の「The Japan Ballet21」、11月23・25日、12月2・23日の「くるみ割り人形全幕」、11月24日には「2018こどものためのくるみ割り人形スペシャルハイライト」などが決まっています。日本を代表するバレエ団の多彩な演目の数々は、大人からこどもまでバレエファンならぜひ見ておきたい舞台です。

松山バレエ団の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/5/5()
  • 15:30
Bunkamura(オーチャードホール/シアターコクーン)

東京都

松山バレエ団 こどもの日 特別公演 シンデレラよりスペシャルハイライト
1階 25列以内
2枚連番(バラ売可)4,500円/枚
  • 2018/5/4()
  • 13:30
Bunkamura(オーチャードホール/シアターコクーン)

東京都

松山バレエ団 「シンデレラ」全幕
松山バレエ団 創立70周年記念  シンデレラ A席 2階 4~5列内
1枚のみ4,500円/枚

松山バレエ団は1948年(昭和23年)1月、現・名誉団長の清水正夫、現・名誉芸術監督、松山樹子によって創立されました。発足当初から古典バレエの創造的上演と、現代バレエの新たな創造をコンセプトとして活動を続けており、数多くの作品を生み出し、国内はもとより海外に向けても積極的に公演を行ってきました。現在、総代表である清水哲太郎は、清水正夫と松山樹子の長男であり、団長・森下洋子は清水哲太郎の妻でもあります。1993年(平成5年)の創立45周年には、記念公演『グラン・ガラ』、1994年(平成6年)には清水哲太郎演出・振付で初演した新演出『白鳥の湖』が大好評を博しました。2018年の注目公演は、8月16・18・19日「夏休みスペシャル公演」、9月16日の「The Japan Ballet21」、11月23・25日、12月2・23日の「くるみ割り人形全幕」、11月24日には「2018こどものためのくるみ割り人形スペシャルハイライト」などが決まっています。日本を代表するバレエ団の多彩な演目の数々は、大人からこどもまでバレエファンならぜひ見ておきたい舞台です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口