三田落語会のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

三田落語会のチケット一覧

三田落語会は2009年から始まった落語会です。毎偶数月に昼席、夜席と二公演に分けて「本格・本寸法の落語を楽しく演じて、楽しく聴く」をキャッチコピーに行われています。各公演、人気も実力も文句なしの若手二つ目から中堅真打ち、大御所真打ちとまさに「本格・本寸法の落語」を聞くことができる会です。仏教伝道センタービル内のホールの大きさも落語を聞くにはちょうどいいサイズで、噺家さんのマイクを通さない声がよく響くので、地方の大きなホールで聞く落語会よりも醍醐味が味わえます。 また、毎回出囃子の三味線や太鼓と言った鳴り物を寄席同様にお師匠さんや前座さんが演奏する生音にこだわるのも三田落語会の魅力です。生音の鳴り物にこだわっていることもあって、上方の噺家さんが派手に鳴り物を入れる噺などちょっと珍しい噺が高座に掛かることも度々です。 ほとんどの会が録音され、音源化されているので、足を運んで生で体感した落語を後日家でゆっくり聞くことが出来るのも三田落語会の楽しみの一つです。

三田落語会の日程

すべての日程

第59回 三田落語会
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

三田落語会のチケットを都道府県で探す

三田落語会とは、港区の仏教伝道センタービルで定期的に行われている、本格、本寸法の落語会です。 日本には古くから数多くの伝統芸能が存在し、数え切れない人間たちの手で受け継がれ、揺るぎない歴史を築いてきました。海外にはない日本の誇り、象徴が伝統芸能なのです。そしてその数多くの伝統芸能の源を探ると、ほとんどが仏教の節談説教にあると行っても過言ではありません。そしてその節談説教の特色を多く受け継いでいるのが、幾多の伝統芸能の中で最も庶民に親しまれ、語り継がれ、そして今なお日本の人々に愛されている「落語」です。そんな思いを胸に50回以上にわたって行われてきたのが三田落語会なのです。 三田落語会は、確固たる歴史のある落語を正しく継承し、また過去の歴史に埋もれている数多くの落語を発掘し、新しい命を吹き込み、たくさんのお客様に披露し楽しく聞いていただく、というコンセプトの落語会として行われています。毎回満員の会場はたくさんの笑い声に包まれています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口