チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

水戸ホーリーホックのチケット一覧

水戸ホーリーホックは、茨城県水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、小美玉市、茨城町、城里町、大洗町、東海村をホームタウンとするプロサッカークラブで、日本プロサッカーリーグ2部、通称J2リーグに加盟しています。現在の監督は秋葉忠宏、2019年シーズンのキャプテンは細川淳矢、副キャプテンは伊藤槙人、前寛之、岸田翔平、黒川淳史です。ホーリーホックは英語で葵を意味しており、水戸徳川家の家紋にちなんだクラブ名となっています。クラブエンブレムにも三つ葉葵をあしらっており、葵の周りには徳川光圀(水戸黄門)の字「子龍」が描かれています。マスコットキャラクターは、龍をモチーフにしたホーリーくんで、公募により決定しました。ホームスタジアムは水戸市にあるケーズデンキスタジアム水戸です。水戸ホーリーホックは1994年にFC水戸として発足し、1999年にはJリーグに加盟しています。加盟後J2で戦い続けてきた同クラブは近年その順位を上げており、2018年には22チーム中10位、2019年にはJ1昇格プレーオフ進出まであと1歩の7位という結果を残しています。Jリーグ加盟当初は集客が伸び悩んでいましたが、2012頃より観客動員を伸ばし続け、2018年には4年連続となる年間入場者数10万人以上を達成しました。2020年シーズンには元プロサッカー選手で、日本代表U-18、U-19のコーチも務める秋葉忠宏を監督として迎え、新体制となります。選手も大幅に入れ替わり、名古屋グランパスから深堀隼平、鹿島アントラーズから山口一真などが期限付き移籍してきたほか、14人が新加入。スピード、技術、高さなどさまざまな得意分野を持つ選手の加入により、昨年果たしきれなかったJ1昇格を果たすべく戦いに挑みます。2020年2月1日には昨年J13位の鹿島アントラーズとのプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2020」を開催。惜しくも1対0で敗れる結果となりました。シーズン開幕戦は、2020年2月23日(日)にホームであるケーズデンキスタジアム水戸で、大宮アルディージャを迎えて行なわれます。

水戸ホーリーホックの日程

すべての日程

J2リーグ 第36節 水戸ホーリーホックvsギラヴァンツ北九州

水戸ホーリーホックのチケットを都道府県で探す

水戸ホーリーホックは、茨城県水戸市およびその周辺市町村をホームタウンとしているプロサッカークラブでJリーグに所属しています。1994年に前身となるFC水戸が創設され、茨城県社会人リーグ4部、3部で優勝、2部で準優勝。1997年には廃部が決定したプリマハム土浦フットボールクラブと合併して水戸ホーリーホックが設立されました。1999年に新日本フットボールリーグ(JFL)に参加し、年間3位となり同年にJ2昇格を果たします。その後J2で試合を行なう中で、2004年には公式戦初となる茨城ダービー(鹿島アントラーズ戦)を開催。2011年は天皇杯の3回戦でガンバ大阪戦に勝利し、チーム史上初のJ1クラブからの勝利となりました。2012年にはJ2クラブライセンスを受け、1試合あたりの来場者数の記録を更新するなどして注目を集めた水戸ホーリーホック。2018年になると条件付きではありますが、J1ライセンスの交付を受け、同年にはJ2昇格後初となる得失点をプラスとしてシーズンを終えました。さらに2019年には最高順位となる7位という成績を残しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート