三越落語会のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

三越落語会 のチケット一覧

三越落語会は百貨店の三越が、三越劇場(東京)で主催しているホール落語です。ホール落語は一般的な寄席や演芸場ではない劇場などで上演され、事前のチケットは完売が続出するほど人気があるのも特徴的です。三越落語会は大正〜昭和に活躍した俳人・久保田万太郎の提唱によって1953年より上演され、日本初のホール落語としても有名です。2017年11月には600回を超え、主なホール落語の中では最も歴史が長いものとなっています。ホール落語の草分け的存在として、毎回多くの実力ある落語家が登場することで知られています。事前にネタ出し(演目の事前公表)されているため、出演者ごとに演目が被らず様々な落語を聴くことができます。2018年7月13日には第604回 三越落語会が開催されます。出演・演目は立川志らく「紺屋高尾」、入船亭扇辰「麻のれん」、柳家喬太郎「花筏」、立川生志「反対俥」、瀧川鯉朝「置き泥」が予定されています。

三越落語会 の日程

すべての日程

第611回三越落語会
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決第611回三越落語会

    • 三越劇場(東京都)
    • 1階17列23番 出演 三遊亭遊雀、桂竹丸、昔昔亭桃太郎、(お仲入り)、春風亭柳橋、春風亭昇太 お仲入りは長めなのでその間にお弁当等食べることが出来ます。

      • 女性名義
      • プレイガイド
      • 3,500円/枚
      • 3,500円/枚
    • 1枚のみ
全1件 1-1件目

三越落語会 のチケットを都道府県で探す

三越落語会は三越劇場(東京)にて開催されているホール落語です。三越落語会は日本で最も古くから続くホール落語のひとつで、1953年の初開催以来、半世紀以上の長きにわたり上演を行っています。毎回チケットは数分でソールドアウトとなる人気の公演です。会場の三越劇場は日本橋三越本店内にある劇場で、百貨店らしい趣ある内装が特徴的な歴史ある劇場です。劇場が完成した当時(1935年)は国会議事堂、旧丸ビルに次ぐ大型建造でした。この場所で行われている三越落語会もまた、落語会のビッグネームから新進気鋭の若手まで、様々な実力派が登場することで知られています。東京の定席にほとんど出演しない円楽一門会、落語立川流に所属する落語家や、演芸番組「笑点」のレギュラーメンバーが登場する回もあるため、落語マニアから初心者まで、幅広い層が楽しめる企画となっています。2017年には通算600回を超え、多くの落語ファンに愛されるホール落語となっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口