宮野真守のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

宮野真守(ミヤノマモル)のライブ・コンサートチケット一覧

宮野真守(ミヤノマモル)は1983年生まれで、声優、俳優、歌手など幅広いステージで活躍しています。学生時代はサッカー部に所属し、長身でスタイルが良く甘いルックスのため、ファッション雑誌の「anan」や「JUNON」でイケメン声優として紹介されるなど女性ファンがとても多いのが特徴です。現在は声優としてのイメージが強い宮野ですが、小学生時代は劇団ひまわりに所属し、そこでの厳しいレッスンが今の宮野の土台となっています。『3年B組金八先生』で生徒役、『ニュースの女』で滝沢秀明と共演するなど、徐々にテレビドラマにも出演するようになり、2010年に公開の『Wonderful World』では、映画初主演を果たしました。 宮野の声優としてのスタートは高校3年生で、オーディションで受かった海外ドラマ『私はケイトリン』です。その後、PlayStation 2用ゲーム『キングダムハーツ』のリク役、『DEATH NOTE』の夜神月役で注目を浴びます。その夜神月役の演技力により、2008年に第2回声優アワード主演男優賞、東京国際アニメフェア2008・第7回東京アニメアワード個人賞(声優部門)を受賞するなどしました。代表作には『機動戦士ガンダム00』、『うたの☆プリンスさまっ♪』もあります。その後も、『チャーリーとチョコレート工場』やハリーポッターシリーズ、海外アニメーションの『ミニオンズ』、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、『SING/シング』のエディ役など吹き替え声優としても活躍し、声優としての地位を確かなものにしました。『亜人』の永井圭役、プリキュアシリーズの15周年記念作『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』のゲスト声優なども務めました。その活躍は声優としてだけにとどまらず、グランドミュージカル「王家の紋章」のイズミル役、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月《下弦の月》の主演・捨之介役など、俳優としても活動の場を広げています。また、歌手としては、2008年のシングル「Discovery」リリースに始まり、2009年には自身初の単独ライブ「MAMORU MIYANO 1st LIVE TOUR 2009 〜BREAKING!〜」を開催。2013年10月には、男性声優のソロ公演として初の日本武道館公を成功させました。2019年5月から9月にかけては全国ツアー「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~」が開催されます。また6月15日(土) 神奈川・パソフィコ横浜 国立ホールでは「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」の公開記念舞台挨拶に登場します。

宮野真守(ミヤノマモル)の日程

すべての日程

宮野真守スペシャルライブ2020 in メットライフドーム
ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season1
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全53件 1-53件目

宮野真守(ミヤノマモル)のチケットを都道府県で探す








宮野真守(ミヤノマモル)は、1983年6月8日、埼玉県生まれ、日本で活躍する声優・俳優・歌手です。7歳から劇団ひまわりに所属し、2001年に海外ドラマ「私はケイトリン」の吹き替えで声優としてデビュー。主な出演作に「DEATH NOTE」の夜神月役、「機動戦士ガンダム00」の刹那・F・セイエイ役、「デュラララ!!」シリーズの紀田正臣役、「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズの一ノ瀬トキヤ役、「ちはやふる」の真島太一役、「亜人」の永井圭役、「文豪ストレイドッグス」の太宰治役、「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」のラインハルト・フォン・ローエングラム役、「SING/シング」のエディ役など、2009年からは劇場版「ウルトラマン」シリーズでウルトラマンゼロ役を務めています。歌手としては2008年にシングル「Discovery」でデビューを果たし、2009年には自身初の単独ライブ「MAMORU MIYANO 1st LIVE TOUR 2009 ~BREAKING!~」を、2013年10月には、男性声優のソロ公演として初の日本武道館公を成功させました。その甘いルックスから、女性ファッション雑誌「anan」や「JUNON」でイケメン声優として紹介される宮野は、2018年10月26日には「宮野真守ファースト写真集 Player」を発売しました。俳優としては、2006年「実写映画 テニスの王子様」、2010年「Wonderful World ワンダフルワールド」、2011年「神☆ヴォイス」などに出演したほか、2017年にはグランドミュージカル「王家の紋章」、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月《下弦の月》の舞台でも活躍しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口