MIYAVI 雅のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数139,188枚、本日の新着チケット数399

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

MIYAVI 雅のライブ・コンサートチケット一覧

雅-MIYAVI-(ミヤビ)は、は、2002年から活動しているギタリスト・俳優です。大阪府出身で、本名は石原崇雅(いしはら たかまさ)。元々はプロサッカー選手を目指していたものの、足の負傷により断念したという過去があります。その後ギターを始めてバンド活動を開始し、2002年に現在の「雅-MIYAVI-」名義でアルバム「雅楽-gagaku」をリリース。以降ソロシンガー・ギタリストとして活動していきます。当初はヴィジュアル系寄りの音楽性でしたが、2006年のロサンゼルス留学を機に洋楽寄りの音楽性にシフトし、スラップなどを駆使した現在のスタイルで知られるようになっていきます。現在の所属レーベルはUniversal Music Japanで、所属事務所は個人事務所であるJ-glam Inc,となっています。ライブではドラマーのBOBOと2ピーススタイルで演奏しており、ソロ活動以外にも様々なミュージシャンとコラボ。2011年にはセッション企画「SAMURAI SESSIONS」も始動しています。国外での活動も積極的に行っていて、北米やヨーロッパ、アジアなど30か国以上でライブを経験。ワールドツアーも多数開催してきました。また、アンジェリーナ・ジョリーが以前から雅-MIYAVI-のファンだったこともあり、2014年には彼女の監督作「不屈の男 アンブロークン」で俳優でハリウッドデビュー。以降は「キングコング: 髑髏島の巨神」や実写版「BLEACH」などで俳優としても活動し、またアンジェリーナ・ジョリーとの交流も続いています。そのつながりから「UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)」の活動にも参加し、2017年11月にはUNHCRの日本人初の親善大使に任命されました。2018年もHideのトリビュートやシシド・カフカの楽曲に参加するなど精力的に活動し、ソロギタリストや俳優など、ジャンルを問わず世界的に活躍する日本人の一人として、国内でも海外でも広く知られ、人気を集め続けています。

MIYAVI 雅の日程

すべての日程

Hard Rock Family Live in Sapporo Snow Festival 2019 MIYAVI
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決newHard Rock Family Live in Sapporo Snow Festival 2019 MIYAVI

    • 札幌市民ホール(わくわくホリデーホール)(北海道)
    • 座席未定 入金確認後、発券番号をお知らせしますので、セブンイレブンで発券受取して下さい。 男性名義です。 また、本人確認書類迄はお貸しできませんので、万一確認があり入れなかった場合に責任は取りかねますが、 ご承諾ください。

      • 男性名義
      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 18,000円/枚
      • 18,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 3
    • 即決Hard Rock Family Live in Sapporo Snow Festival 2019 MIYAVI

    • 札幌市民ホール(わくわくホリデーホール)(北海道)
    • 1月28日10時からセブンイレブンで発券可能です。 発券番号(13桁数字は到着済みです) 必ず身分証明書が必要と言うわけではありませんが、注意書きに「入場時に身分証明書をご提示いただく場合がございます。」とあります。こちらから身分証明書はお貸出しできません。万が一入場拒否されましても返金はいたしかねます。ご了承いただける方のみご購入ください。なお返金補償は、ストリートの安心補償オプションをご検討されると良いかも知れません。以上、、どうぞよろしくお願い...

      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 15,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 7
全3件 1-3件目

MIYAVI 雅のチケットを都道府県で探す


まだライブが始まって1曲目が終わってないと言うのに、早くも会場とステージ上の雅-MIYAVI-(ミヤビ)の心がひとつになるような感覚が感じられます。彼のサウンドは、一言で言えば生きているようです。ライブに行くと、そのパワフルで空気を切るような音を出す彼の姿はサムライを想像させてくれます。また、彼の作る音は、ギターでありながらドラムやパーカッションのような感覚でファンの心に、体の中にしみこんできます。見た目はとげとげしく、攻撃的なイメージですが、たまに見せる笑顔は彼の本当の心を映し出しているかのようです。ガンガン飛ばすロックなものも、しっとりとしたバラード調のものも、ライブ中盤になると、その熱気はますますヒートアップしていき、Tシャツを着ているのも暑いくらいです。彼のファンでもそうでなくても、彼のライブを体験すると、最初から最後まで、大興奮のうちに会場がひとつになる一体感を味わうことが出来るはずです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口