宮沢和史のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

宮沢和史のライブ・コンサートチケット一覧

宮沢和史(ミヤザワカズフミ)は、1966年1月18日生まれ、山梨県甲府市出身のミュージシャンです。THE BOOM(1986年結成、2014年解散)、GANGA ZUMBA(2006年結成)のメンバーとしても活動しています。80年代に原宿の歩行者天国でバンド活動を始め、1989年5月21日、THE BOOMの1stシングル「君はTVっ子」でメジャーデビューしました。 THE BOOMにおいてはほとんどの楽曲で作詞・作曲を担当し、「島唄」や「風になりたい」で一躍有名になりました。THE BOOM在籍中にも並行して積極的にソロ活動を行い、ソロコンサートや他のミュージシャンへの楽曲提供を行ってきました。2000年には矢野顕子、大貫妙子、鈴木慶一、奥田民生らと「Beautiful Songs」と題したコンサートを全国8ヶ所で行い、ライブアルバムをリリースしました。 2001年、アルゼンチンでアルフレッド・カセーロがカバーした「SHIMAUTA」が大ヒットして日本でも再び話題となりました。国内では「島唄」をまとめたシングル「島唄 Shima Uta」がリバイバルヒットし、アルフレッド・カセーロとは「第53回NHK紅白歌合戦」で共演しています。 2002年にリリースした「ひとりぼっちじゃない」は、劇場版ポケットモンスター「水の都の護神 ラティアスとラティオス」の主題歌にも選ばれ、子供たちからも好評を博しました。 2006年には、GANGA ZUMBA結成し、リーダーおよびボーカルを担当しています。2008年9月、ジルベルト・ジルの日本公演にスペシャル・プレゼンターとして参加し、以降THE BOOMの解散まで、GANGA ZUMBAとの活動を並行して行っていました。2015年6月より、ソロでの活動を本格化させています。2018年12月19日から2019年4月6日まで「時を泳げ魚の如く 宮沢和史コンサート」を開催します。

宮沢和史の日程

すべての日程

時を泳げ魚の如く 宮沢和史コンサート
宮沢和史 文化をめぐるトーク 詩の朗読&弾き語りコンサート
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決宮沢和史 文化をめぐるトーク 詩の朗読&弾き語りコンサート

    • 金沢21世紀美術館(石川県)
    • 座席指定ではなく整理番号の順番に入場し、好きな場所を確保可能です。ちなみに整理番号は30〜38の間です

      • 名義なし
      • 主催者
      • 5,555円/枚
    • 1枚のみ
全1件 1-1件目

宮沢和史のチケットを都道府県で探す

宮沢和史(ミヤザワカズフミ)は男性ミュージシャンです。1989年、ロックバンド・THE BOOMのボーカル・ギターとしてメジャーデビューしました。THE BOOM名義の「島唄」がヒットしたことにより沖縄民謡の歌い手として知られますが、民族音楽やジャズ、ボサノバ、レゲエ、パンク、テクノなど世界中のあらゆるジャンルに造詣が深く、自身の作品に生かされています。THE BOOM時代からソロ活動を行い、多数の作品を制作しています。 1998年3月5日には長野パラリンピックの開会式でテーマ曲「旅立ちの時」を歌っています。 2001年11月7日発売の「沖縄に降る雪」は、オリコン最高位39位を記録し、日本通運ペリカン便のCMにも起用され、大きな話題となりました。2014年のTHE BOOM解散後は、ソロを中心に音楽活動を継続しています。 プライベートでは1994年に光岡ディオンと結婚、長男の宮沢氷魚はモデル・俳優として活躍しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口