チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ミュージカル モダン・ミリーのチケット一覧

ミュージカル「モダン・ミリー」が2020年4月7日~4月26日まで東京の日比谷シアタークリエで上演されます。4月29日~5月1日まで愛知県の御園座で、5月4日~6日まで大坂の新歌舞伎座、また5月13日には大分県のiichiko総合文化センターグランシア、5月16日~17日までは佐賀県の佐賀市文化会館で上演されます。このミュージカルはリチャード・モリスが手掛け1967年に公開されたミュージカル映画の「モダン・ミリー」が原作です。脚本はリチャード・モリス ディックス・キャンラン、演出は翻訳も手掛けた小林香が担当します。原作が公開されてから約30年の時を経て2000年にブロードウェイで舞台化されると、作品自体は勿論、上質な歌と踊りは人々を魅了し多くの人たちの支持を得てトニー賞を受賞しました。1920年代のニューヨークを舞台に主人公のミリーは恋や仕事を頑張りますが、その主人公のミリー・ディルモントを朝夏まことが演じます。ジミー・スミス役には中河内雅貴が、ミセス・ミアーズを一路真輝が演じるなど豪華キャストが揃いました。「大切なのはロマンスよりも理性!」と謳う主人公ミリーが見つける本当に大切なものとは一体何なのか、期待せずにはいられません。

ミュージカル モダン・ミリーの日程

すべての日程

ミュージカル モダン・ミリー
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • ミュージカル モダン・ミリー

    • 新歌舞伎座(大阪府)
    • S席 1階 10~14列 5~38番 大阪千穐楽  公演中止の際には、チケット返却で送料・手数料を差し引いた全額を返金いたします

      • 名義なし
      • ファンクラブ
      • 12,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 7
    • ミュージカル モダン・ミリー

    • シアタークリエ(東京都)
    • S席(9列5,6,7番) 株主招待券ですので、当日、シアタークリエ窓口でチケットに引き換えが必要です。 公演中止の際には、送料・手数料を差し引いた全額を返金します。

      • 女性名義
      • 招待券など
      • 10,000円/枚
    • 3枚連番(バラ売可)
    • 17
    • ミュージカル モダン・ミリー

    • シアタークリエ(東京都)
    • A席(15列7番) 株主招待券ですので、当日、シアタークリエ窓口でチケットに引き換えが必要です。 公演中止の際には、送料・手数料を差し引いた全額を返金します。

      • 女性名義
      • 招待券など
      • 10,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 12
    • 即決ミュージカル モダン・ミリー

    • シアタークリエ(東京都)
    • 1階 S席 11列 センターブロック 15-20のうちの2連番 予定が入り行けなくなってしまいました。公演中止の際には送料・手数料を差し引いた全額を返金いたします。

      • 女性名義
      • プレイガイド
      • 13,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 7
    • ミュージカル モダン・ミリー

    • 新歌舞伎座(大阪府)
    • S席 1階 1列 15~28番のセンターブロック 連番2枚です。 予定が入り行けなくなってしまいました。公演中止の際には送料・手数料を差し引いた全額を返金いたします。

        • 20,000円/枚
      • 2枚連番(バラ売可)
      • 11
      • 即決ミュージカル モダン・ミリー

      • 新歌舞伎座(大阪府)
      • S席一階4列1〜10番の二連番です。 ご入金後、発券番号をお伝えします。お近くのセブンイレブンにて発券お願いします。

        • 男性名義
        • コンビニ発券
        • プレイガイド
        • 13,000円/枚
      • 2枚連番(バラ売不可)
      • 12
      • 1
    全13件 1-13件目

    ミュージカル モダン・ミリーのチケットを都道府県で探す

    ミュージカル「モダン・ミリー」は1967年に公開されたミュージカル映画が舞台になった作品です。この原作を元にミュージカルの聖地としても有名なブロードウェイで上演されると、作品内の上質な歌や踊りはたちまち人々を魅了しトニー賞を受賞しました。今作は主演を元宝塚歌劇団宙組のトップスターであった朝夏まことが演じるだけに注目を集めています。またニューヨークにダンス留学の経験もあり、舞台やミュージカルで活躍をしている中河内雅貴がジミー・スミスを演じ、朝夏まことと同様に元宝塚歌劇団雪組のトップスターであり、現在女優として幅広く活躍をしている一路真輝がミセス・ミアーズ役をつとめます。このように出演者はミュージカルや舞台での経験が豊富で、多くの人がその実力を知る俳優ばかりです。「モダン・ミリー」という作品が長く人々を惹きつけているのはなぜか、また主人公のモダン・ミリーの頑張る姿は自分の足で人生を切り拓いていくことや一歩踏み出す勇気の大切さをあらためて考えさせられます。


    ページの先頭へ

    まずはメールアドレスでカンタン登録!

    • 会員登録・更新料0円!
    • 年中無休の安心サポート