森高千里のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

森高千里のチケット一覧

森高千里(モリタカチサト)は、大阪生まれ、熊本出身の女性シンガーソングライターです。作詞家・作曲家・ドラマー・ギタリスト・ベーシスト・キーボーディスト等、楽器に関してはマルチプレイヤーとして知られていて、俳優やMCなどもこなし、多才なマルチタレントとして知られています。現在の所属事務所はアップフロントクリエイトで、所属レーベルはZetimaとなっています。 1987年5月25日にシングル「NEW SEASON」でデビューを果たし、同曲が主題歌になった映画「あいつに恋して」ではヒロインとして出演もしています。1988年ごろからは歌手としての活動に専念するようになり、 代表曲としては90年代のヒット曲「渡良瀬橋」や「風に吹かれて」、自身の大ブレイクのきっかけにもなった南沙織のリメイク曲「17才」、CMソングとしてヒットした「気分爽快」、アルバム『ROCK ALIVE』からの再シングルカットとなる「私がオバさんになっても」等が知られています。 1992年には、女性ミュージシャンとしては2組目となる全都道府県制覇ツアー「ROCK ALIVEツアー」を敢行しました。また、同ツアーの際に「ロックンロール県庁所在地」という曲を作り上げたというエピソードがあります。1995年からは俳優の江口洋介と交際をはじめ、1999年に妊娠の発覚を機に結婚。以降は産休に入り、子育てに支障のない範囲で歌手活動に臨むようになります。テレビ出演は控えながらも、定期的にレコーディング参加やイベントへのゲスト出演、CM出演等をこなし、コンスタントに活躍を続けてきました。2009年ごろから再びテレビにも出演するようになります。2011年4月9日には所属事務所のアップフロントエージェンシー(現アップフロントプロモーション)が山下公園で東日本大震災チャリティーイベントを開催、自身も同イベントに参加しました。また、 2012年5月25日には歌手デビュー25周年を機に公式HPがリニューアルされ、1年間をかけてオリジナル楽曲200曲のセルフカバーやベストアルバムの発売等、25周年記念企画のPRがスタート。本格的に歌手活動を再開することが発表されました。以降もクラブミュージックに取り組むなど新たな一面も見せ、J-POPシーンを代表するベテランとして活躍。2017年にはデビュー30周年を迎えました。現在はライブを中心に活動していて、2019年1月から3月にかけては「森高千里 この街 TOUR 2019」と題した全国ツアーを開催予定です。

森高千里の日程

すべての日程

森高千里 この街 TOUR 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全133件 1-100件目






森高千里(モリタカチサト)は、1987年ごろから活動している女性シンガーソングライターです。シングル「NEW SEASON」で歌手デビューを果たし、当初は俳優・歌手として活動。次第に音楽活動が中心になっていき、「私がオバさんになっても」、「渡良瀬橋」、「風に吹かれて」、「気分爽快」など、数多くの名曲を生み出してきました。また、作詞作曲をはじめ、ギター、ベース、ドラム、キーボードとあらゆる楽器を演奏するマルチプレイヤーとしても知られていて、特にドラムに関しては多くの著名ミュージシャンから絶賛されるセンスと腕前を持ち、スタジオミュージシャンとしても活躍してきました。1999年には俳優の江口洋介と結婚して2000年代は産休・子育て期に入り、2010年頃から本格的に活動を再会。以降は自身の過去の曲のセルフカバーやクラブミュージック要素の取り入れなど、ミュージシャンとして新たなステップを迎えて注目されています。日本の音楽シーンに影響を与え続ける、ベテランアーティストの一人と言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口