森山直太朗のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

森山直太朗のライブ・コンサートチケット一覧

森山直太朗(もりやまなおたろう)は、日本を代表する男性シンガーソングライターです。母はフォークシンガーの森山良子、父は元歌手のジェームス滝、親戚には、故かまやつひろしがいる音楽一家で育ちました。公式ファンクラブは「N.C.R」(直ちゃん倶楽部リターンズ)です。また森山直太朗オフィシャルモバイルとして「森山ジャンボリー」があり、ここでしか見られない情報を入手できます。中でも森山直太朗がメインパーソナリティーのモバイルラジオコーナー「森山直太朗のハラペコラジオ」は人気のコーナーです。 森山直太朗は2002年にメジャーデビューをしました。2003年の「さくら(独唱)」が大ヒットしてオリコン1位を獲得し、120万枚を超えるヒットとなり、この曲で2003年紅白歌合戦に初出場を果たしました。「さくら(独唱)」は、卒業式、予餞会、桜ソングとして定番になり、卒業式の合唱でも歌われています。 2004年に発売したアルバム「新たなる香辛料を求めて」は、テレビドラマの主題歌「生きとし生けるもの」やテレビドラマの挿入歌「愛し君へ」、映画の主題歌「声」が収録され、オリコン1位を獲得しました。 その後、2005年は「風花」、2008年は「生きてることが辛いなら」でも、それぞれ紅白歌合戦に出場しています。「生きてることが辛いなら」は歌詞が話題を集め、2008年12月第50回日本レコードの作詞賞を受賞しました。 ウィルコムやアサヒビールのアサヒスタイルフリーのCMにも出演していて、音楽の制作だけでなく、ライブ活動やイベントも精力的に行っています。 森山直太朗は、抜群の歌唱力と独特の世界観で、心に響く歌詞が印象的な、これからも活躍が楽しみなシンガーソングライターです。2018年8月には、ニューアルバム「822」をリリースしました。フジテレビONE/TWO/NEXT × J:COM 共同制作 連続ドラマ「記憶」主題歌「人間の森」や、テレビ東京系「WBS」エンディングテーマ「糧」などが収録されています。また、2018年10月から2019年にかけては「森山直太朗コンサートツアー2018~2019 人間の森」が開催されています。

森山直太朗の日程

すべての日程

1日券 シミズオクト Presents 氣志團万博2019 -9/14
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決new1日券 シミズオクト Presents 氣志團万博2019 -9/14

    • 袖ヶ浦海浜公園(千葉県)
    • 駐車券付1日入場券 入場券2名 2次先行にて当選しましたが都合が悪くなり行けなくなってしまいました。 チケット到着後、速やかに発送いたします!

      • 女性名義
      • プレイガイド
      • 18,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 1
    • 即決1日券 シミズオクト Presents 氣志團万博2019 -9/14

    • 袖ヶ浦海浜公園(千葉県)
    • 座席はありません、フェスチケットです! 8月10日〜発券ができる引換券を所持しています!その時に216円の手数料がかかってしまう旨をご理解ください。

      • プレイガイド
      • 4%off
      • 11,500円/枚
      • 12,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 1
全2件 1-2件目

森山直太朗のチケットを都道府県で探す







森山直太朗(もりやまなおたろう)は、1976年4月23日東京都生まれ、日本で活躍するミュージシャンです。少年時代から一貫してサッカーに情熱を傾けていましたが、大学時代から本格的にギターを持ち、楽曲作りをスタート。その後、全国各地を巡るストリート・パフォーマンスやライブ・ハウスでのライブ活動を展開し、2001年3月インディーズ・レーベルから「直太朗」名義で、アルバム「直太朗」をリリース。2002年10月にミニアルバム「乾いた唄は魚の餌にちょうどいい」でメジャーデビューを果たすと、翌2003年にリリースした「さくら(独唱)」が大ヒットして一躍注目を集めました。独自の世界観を持つ楽曲と、唯一無二の歌声が幅広い世代から支持されています。一方、2005年には、デビュー当初からのコンサートでも垣間見せていたシアトリカルな要素を高めた劇場公演「森の人」を開催、2006年には楽曲の共作者でもある詩人・御徒町凧の作・演出による演劇舞台「なにげないもの」で役者に挑戦し、音楽と演劇を融合させた公演は、2012年の「とある物語」、2017年の「あの城」上演へと続き好評を博しています。2016年9月にはデビュー15周年記念オールタイムベストアルバム「大傑作撰」をリリースした後、2017年1月からは過去最大規模となる「15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』」を開催しました。また2018年3月にはDVD「劇場公演「あの城」」をリリース。表現者としてのさらなる活躍が期待されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口