ミュージカル マイ・バケットリストのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ミュージカル マイ・バケットリストのライブ・コンサートチケット一覧

ミュージカル「マイ・バケットリスト」が、2019年4月26日(金)〜5月3日(金)まで浅草六区ゆめまち劇場にて上演されます。 「マイ・バケットリスト」は、2014年に初演された韓国発のミュージカル。不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが出会い、死ぬまでにやりたい100のこと=バケットリストを共に叶えようとするストーリー。カングとヘギによる全編2人芝居となります。日本初演は2017年で、2018年2月と8月には韓国人キャストによる日本語版が上演されました。日本語版の再々演となる今作は、カング役にBOYFRIENDのドンヒョンとCROSS GENEのキム・ヨンソク、ヘギ役にはSS501のキム・キュジョンとBOYFRIENDのヨンミンのそれぞれWキャストで出演します。ドンヒョンは日本での韓国版初演に続き2回目、キム・ヨンソクは4回目の出演となります。演出は前回に続き、ダンスパフォーマンスグループPaniCrewの中野智行氏が担当。

ミュージカル マイ・バケットリストの日程

すべての日程

ミュージカル マイ・バケットリスト
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全2件 1-2件目

ミュージカル マイ・バケットリストのチケットを都道府県で探す

韓国発のヒューマン・バディ・ミュージカル「マイ・バケットリスト」は2014年に韓国で初演されました。少年院を出たものの生きることにうんざりし自殺を図ろうとするカングと、悪性腫瘍を患い余命宣告を受けたヘギ。2人は病院で出会い、ヘギのバケットリストを叶える旅を「プラシーボ・プロジェクト」と名付け共に旅に出る、というストーリーです。2人が旅を通じて人生の意味に気付いていく過程や、カングとヘギの2人芝居が幅広い世代に響いて話題を呼び、2015、16年と連続で上演されました。 日本では2017年に韓国語で初演。日本でも人気のアイドルグループからドンヒョン(BOYFRIEND)、チョンジ(TEENTOP)などが出演しました。続く2018年2月の日本語版初演にはキム・ヨンソク(CROSS GENE)、テウン(SNUPER)らが出演。キム・ヨンソクは同年8月の公演、2019年のSeason4にも連続で出演し、同作日本上演版の顔ともいえる存在になっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口